2014.07.15 Tue

命の香り

セミナーで遠出をしたとき。

 

帰りのフライトまで時間があるときは、なるべく一人でふらっとする。

readmore

3633

 

ふーっと空気が肺の奥底まではいってきて、なんか、久しぶりに深呼吸をしたような気持ちになる。

 

次のアポのことや、息子氏のおむつのことや、原稿の〆切のことなどを、いつも頭の片隅においているときには開かない扉が、一個あいて、そこに空気が流れ込むような感じがする。

3608

前にきたときには食べられなかった海人カレー。毎日食べたくなるほど、美味しい。

3609

ぶくぶく珈琲。一度目のときとは違う味がしたような気がした。

 

こんなふうに、セミナーを終えて、ほっとして、ふわっと時間を過ごしているとき。

 

なぜかいつもすごくすごく好きだった人。そして、もう会えない人のことを思い出す。いつも、いつも。

 

3632

例えば、やはり、タクシーを飛ばして行った天保山のサントリーミュージアムでは、鈴木三枝子さんのことを思い出していたし、JBCAの帰り道にふと思たって立ち寄った京都では植村さんのことを思い出していた

 

S 1056778

今日もやっぱり、もう会うことができない人の顔がふっと浮かんで、暑いんだけど、なんかすっと寒いような寂しいような気持ちで街を歩いていた。

 

 

 

知らない街を歩いているときに、どうして、亡くなってしまった人のことを思い出すんだろうと考えてみたんだけれど

S 1056779

それはひょっとしたら、「ああ、私、この景色を見るのは最初で最後かもしれないな」、って思うからかもしれない。

 

その一期一会感。

 

見慣れた東京の街は、明日もきっと、多分明後日も通る道なんだけれど

 

知らない街の、なにか素敵な景色をみたときには「でも、きっとここに来ることは多分、もうないんだろうな」って思って、きゅっと切ない気持ちになる。だからたぶん、同じようにもう会えない人たちのことを思い出すんだろう。

3631

 

 

でも、よくよく考えると、見慣れている東京の道だって、明日も明後日も同じように通れるとは限らなくて。本当はどんなときでも一期一会なんだって気づく。

 

 

「明日も明後日も、明日がくる」って、漫然と思っている自分に、なにかひとつ、くさびを打ってくれる。それが、旅先での時間なのかもしれないって、そう思った。

 

 

ただいま、東京。明日も頑張ろう。

 

【関連記事】

「毎日を人生最後の日であるように生きてみたとしよう。(やがていつかは必ずその通りになるのだから)」

死のシミュレーション

 

 

 


カテゴリ:Thinking

2014.07.13 Sun

絶対に失客したくないお客様は誰ですか

この間のセミナーで考えてみたワークです。

 

大好きなお客さまはいますか? 絶対に絶対に失客したくないお客さまはいますか? その人の顔を思い浮かべてみます。

 

readmore

もし、そのお客さまが、他のサロンにいくことを迷っているとしたら、どうしますか。

 

 

明日、そのお客さまがサロンに予約を入れてくれています。ひょっとしたら、その人が自分のところに来店するのは、それが最後かもしれません。そのお客さまに、何をしますか。今までしてこなかったことで、できることはあるでしょうか?

スクリーンショット 2014-07-13 1.41.35

 

ひと晩考えて、あなたは、できるだけのことを、そのお客さまにしました。大切な大切なお客さま。あなたは、できる限りのベストを尽くすと思います。

 

 

 

さて。

 

 

そのとき、あなたが、その大切な1人のお客さまのために、何かできないかと考えたこと、何かしようと思ったこと、実際にしたこと。それらを……。

 

 

 

明後日、2人のお客さまにできるとしたら。1週間で5人のお客さまにできるとしたら。1ヶ月後、10人のお客さまにできるとしたら。1年後、100人のお客さまにできるとしたら、5年後、全てのお客様にできるとしたら……。

 

 

 

お客さまに支持されている美容師さんは、おそらく。そんなことを考えて、毎日を過ごして入いるんじゃないかなって。そう、思います。

 

 

一期一会。

 

 

 

 

フリーランスで仕事をしていると、「この仕事がこの人との最後の仕事になるかもしれない」という危機感が常にあります。全ての現場、100%をそう思えているかというと、それはやはり甘いところがあるかもしれない。

 

でも、私にもやはり、絶対に失客したくないと思う仕事相手がいます。1年後も5年後も10年後も一緒に仕事をしていたい。そのために、今、自分ができることは何だろうということを、いつも必死で考え続けています。

 

 

その人の成長速度においていかれないように。いつまでも対等に意見交換ができる自分でいられるように。ステップアップし続けていけるように。

 

 

そう思える、大切な人が、いるから、だから、頑張れる。まだ、できることはあるはずだって思う。

 

 

たとえば、この人とか。ね。

 

10513438 712751538772943 2765166082789444340 n

U-REALM 高木氏。

 

 

そんな話をした、夜でした。

 

くそ、まだまだ、だな。

 

【関連記事】

もっと負ける勝負をしないとダメだ。多分。

仕事人生のほとんどは失客の歴史です

 

 


カテゴリ:Thinking

2014.07.05 Sat

カットだけヘアカタログへのご応募、70人も! ありがとうございます!

先日、カットだけヘアカタログに、10人だけ、一般公募をつのらせていただきました。

readmore

 

 

・撮影は東京なので東京まで来られる方(交通費は出ません、ごめんなさい)

・期限は1週間

・カットできるモデルさんを探していただき

・どうカットできるか送っていただく

 

という、超ハードル高い内容だったのにも関わらず!

 

なんと!!

 

最終的に、70人の美容師さんからのエントリーをいただきました。ありがとうございます!!

 

公募 001

 

撮影場所が東京なので、東京のサロンさんが多かったのですが(全体の67%)

北は北海道、南は沖縄まで!! 感涙です。

名称未設定 001

 

既に(先輩方に)撮影をお願いしていたサロンさんの、若手の方々からもずいぶんエントリーをいただきました(全体の24%=17人)。ありがとうございます。
また、私がまだ一度もお仕事させていただいたことがないけれど、よく、ネットでお見かけするような表参道や代官山近辺のサロンさんからのエントリーが目立って多く、その方々のサロンのホームページを見ると、すごく可愛いスタイルが多かったので、ご一緒させていただくのが楽しみです。

 

 

このヘアカタログが他のヘアカタと違って、どれだけ好きか、どれだけサロンワークで活用しているかなどなど、熱い想いを綴ってきて下さった方も、たくさんいて、

 

試行錯誤で皆さんに負担をかけながら始まったヘアカタログなのに、こんなに愛されるヘアカタになってたんだ……と、別の意味でも、感動しています。

 

 

 

皆様には個別にメッセージさせていただいておりますが、7月7日までにはお返事させていただきます。

 

もし、私から、「応募ありがとうございます」という返事が一度もきてないという方がいらっしゃったら、教えて下さい!

 

 

【関連記事】

どうしたら雑誌に載ることができますか

目が良いということ

 


カテゴリ:Shooting

2014.07.02 Wed

ヘアカタログはオワコンか?

タイトル書いてて、怖くなったw

「ヘアカタログはオワコン(終わったコンテンツ)か?」について考えてみます。

ヘアカタログの撮影をお願いすると、ここ数年はだいたい(媒体にもよりますが)1割くらいの美容師さんにはお断りをされます。

readmore

 

2014年美容業界大予測にも書いたけれど、今後ますます、雑誌の撮影を断るサロンは増えると思います。

 

スクリーンショット 2014 07 02 18 46 56

 

 

理由はいろいろあるんだと思うのですが、大きく分けて、この3つです。

 

 

1)物理的にスケジュールがあいていない(他の撮影やサロンワーク)

2)そのヘアカタログに露出することが、現在の自分にとっては優先事項ではない。もしくは、ブランディングにとってプラスにならない

3)サロンを辞める、現在妊娠中などで発売時期には休業が決まっている

 

 

 

3)はひとまず、おいておくとして、1)のケースは、ヘアカタではわりと少なくて(というのも、私、オファーが1か月ほど前だし、複数日程でご相談しているので)お断りのケースは、2)の方が多いです。

 

 

これが、ファッション誌のヘアページの撮影だと、お断りされるケースは3%くらいに減って、理由は1)の方が多くなります。ファッション誌のほうが、スケジュールがタイトなので、撮影のお願い自体もギリギリになるケースが多いというのも理由だけれど、やはり、ファッション誌は、今でもステイタスがあって、いろいろスケジュール調整してでも出演したいという人が多いからだと思います。

 

私は、仕事をお断りされることに関しては、当たり前だけど、むかつくとか、そういうこと一切なくて、そうやってお仕事を選べる美容師さんこそ、信念があって強いブランディングができている証拠だし、逆に、その撮影時間にあてるかわりにできる、その仕事こそが、その人にとって今、すごく大事な仕事だということだから、それを心から応援したいと思っています。

 

 

これは、自分自身の仕事の仕方にもつながっていて、私はフリーランスとして14年やってきて、一番大事なのは「仕事を断ること」「全部受けすぎないこと」だと思っているし、仕事の優先順位は出来る限り「私以外の人がやりたがらないこと」を基準に考えています。

 

 

一方で、今回、カットだけヘアカタログの撮影に関して、公募をしたところ、なんと北は北海道から、南は徳島、鹿児島まで、そして、全国各地だけじゃなくて、表参道界隈のサロンからも多数、「このヘアカタに出たい」という熱いメッセージをいただきました。

交通費もかかるのに、それでも、このヘアカタに出たいとか、このヘアカタをどれだけ毎日使っているかというようなお話まで書いて下さって、すごく嬉しい。

 

同時に、責任も感じます。

 

ヘアカタログにしかできないことなんて、今は、ほとんど無いと思っている。集客力でいうとネットのほうが大きいだろうし、1枚の写真に対するアクセスも、ヘアカタログよりもネットのほうが大きいだろうと思う。

 

それでも、ある程度の時間を費やしてヘアカタの現場でヘア提案をしてくださることに、魅力を感じてもらえることがあるとしたら、それは、

 

そのページを真剣に可愛くしようと思っているスタッフや、そのページを有料で買ってもらえるような価値あるものにしようと試行錯誤しているスタッフたちとの、コラボレーションだったり、意見交換だったりにあるんじゃないかなって思う。

 

これは、私がそう思っているだけじゃなくて、よく、サロンのオーナーさんたちに聞く言葉でもあります。「どうしてスタッフたちを費用対効果の悪いヘアカタの撮影現場に参加させるかというと、外からの刺激をもらって帰ってきてほしいから」と皆さん、おっしゃいます。

 

そして、遠くからでも、是非撮影に参加したいと言ってくださる美容師さんの多くもきっと、集客力とかよりも、現場での緊張感や、プロの仕事っぷりを肌で感じたいと思っていらっしゃるんじゃないかなと感じています。

 

 

 

(美容師さんにとって)ヘアカタログ現場での撮影をオワコンにしないためのヒントは、このあたりにあるように思います。

(読者にとって)ヘアカタログをオワコンにしないためにという目線は、また別のところにヒントがあると思っています。これはまた今度。

【関連記事】

雑誌にしかできないことなんてもうほとんどない。でも、ちょっとだけある。

2014年美容業界大予測

 


カテゴリ:Shooting

2014.07.01 Tue

「もっと自発的に取り組んでほしい」スタッフに、「伝え方が9割」の佐々木圭一さんだったらどう伝えるか

本日は、ホットペッパービューティアカデミーの開校式。

 
基調講演には「伝え方が9割」で、昨年から今年にかけて、日本中の書店を席巻した佐々木圭一さん。

readmore

 
2427

トークショーには、アピッシュの坂巻さん、フェリーの新井さん、女性モードの寺口社長という、豪華メンバーそろい踏み。
 

この講演が全部無料とか、ほんと、すごい。700人もの美容師さんが集まっていました。
 

佐々木さんの伝え方が9割は、実は、私も大学の講義で教科書として使わせていただいていて、

スクリーンショット 2014 07 01 22 35 35
 

以前、佐々木さんとはtwitter上でやりとりさせていただいたことがありました。
 

スクリーンショット 2014-07-01 22.53.50
 

同じことを伝えるのでも、佐々木さんが見いだした法則を使うと、ずいぶん、伝わりやすくなるし、商談や交渉も確率が高まるよね、というのを生徒さんと一緒に確認したばかりだったので
 

今日は、私は授業でこの書籍をこんなふうに展開してワークしたけれど、ご本人の佐々木さんはどのようにお伝えになるんだろうという、答え合わせのイメージで、講演を伺いました。

会場、700人の満員御礼だったのだけど、この会場で、ワークショップをされた佐々木さんがすごかった。
 
 

お題のひとつは、

「従業員の田中さん。顧客対応やサロンワークが受け身です。もっと自発的に動いてほしい。なんと言えば、自分から率先して動いてくれるでしょう」

というもの。
 

2430
 

これを佐々木さん流の伝え方の極意

①好きなこと推し

②嫌いなこと回避

③選択の自由

④認められたい欲

⑤あなた限定感

⑥チームワーク化

⑦感謝宣言
 

の7つのいずれか(もしくはいくつか)を使って、効果的な言葉を伝えるという内容でした。

2431

相手のことを想像しながら言葉を選ぶと、伝わり方はずっと変わるという、ワーク。ちょっと訓練は必要だけれど、とてもわかりやすい分類で、実践しやすい内容だと感じました。
 

詳しくはこちらで、ね。サロンの皆さんにとって、すごく役立つことがたくさん書かれているので、オススメです。
伝え方が9割

伝え方が9割
 

ちなみに、

この佐々木さんの講演内容をあっという間に自分のモノにされていたのが、その後、第2部に出られたapishの坂巻さん。
今日、坂巻さんのお話は、あまりにも考えさせられることが多かったんだけど、一番凄いと思ったのは、20分前に聞いたばかりのお話を、すぐに自分で実践して、自分の力にされているあたりが、みんなも感じたと思うけれど、「違い」なんだと思った。

2部の坂巻さん、新井さん、寺口さんのセッションは、あまりに情報量が多くて、少し整理して、また今度書きたいと思います。

ここに備忘録

2421
 

【坂巻さん】

・apishタブロイドの存在

・家族写真はコミュニケーションツール

・ブランドとは多くの人が「●●なサロン」と言い切ってくれること

・交換日記と店販カーニバル

・継続は力ではない

・3本の足を用意しろ

2423
 

【新井さん】

・おばパーだって練習しました

・兼業カリキュラム制度

・アシスタントでも売り上げられる仕組みづくり

・国税局もきましたし

2422
 

【寺口さん】

・オーナーの悩みは規模によって変わる

・小規模サロン 人材の悩み

・中規模サロン サロンの個性やブランディング

・大規模サロン 生産性
 

この内容が無料で聞けるというのもすごいし、あと、これから始まるアカデミーの内容も、無料らしい。

私がオーナーさんだったら、このホットペッパービューティのアカデミーは、すみずみまで使い倒すと思います。

2424
 

私も信頼する、通称ばーちーこと、千葉さんがアカデミーの学長なので、試行錯誤しながら、絶対的に、サロンやオーナーさんにとって役立つことを提供してくれるんじゃないかなと思います。

私もときどき遊びにいって、勉強しようと思いました。(遊びに行っていいのかな?w 今度柏村さんに聞いてみよう)
 

そうそう。今日、メディア席でひそかに、話題になっていたこと。

こんなチラシが入っていました。
 

女性モードさんから、ホットペッパー攻略本とも言える、こんな本が出るらしいです。

2426
 

業界誌さんが、ホットペッパーの本を出されるとか、ほんと、時代を感じます。

私もえらい気になる。予約しよ。

 

【関連記事】

なぜapishは働きやすいのか

ホットペッパーの営業さんは背景を揃えた写真にしなさいと言うけれど…….

ブランドサロンは誰が決める?

 


カテゴリ:Seeing