2014.06.26 Thu

母について書きます

父と母は、教育大学のテニス部で出会いました。2人とも、卒業後は学校の先生になる予定でした。けれども父は、大学4年生のとき、病を得て手術をし、卒業式にも出席できず、卒業後も就職の希望を出しながら自宅待機をすることになりました。

 

readmore

半年後、知床半島の羅臼町の小学校で採用がきまり、父は、当時住んでいた家から車で6時間かかる町に赴任しました。地元の高校の教師になった母とは遠距離恋愛になりました。

 

赴任後、しばらくは授業をしていた父ですが、再度肺に大きな影が見つかり、大きな手術をすることになりました。手術は成功したものの、今度再発したら、そのときは覚悟をしてくださいと先生に言われ、リハビリを重ねて羅臼町に戻ったときは、入院から約半年がたっていました。

 

母は、手術を終えて羅臼町に戻った父を支えるべく、教師を辞め、知り合いが一人もいない町に嫁ぎました。その後、母は私を身ごもりました。私は、羅臼町で生まれ、3歳まで羅臼で育ちました。

 

 

当時のことを私は覚えていません。でも、その頃を知る人たちの話によると、「5年再発しなければ……」と言われた父は、その全ての時間を、情熱を、学校の子どもたちに捧げていたようです。当時の父の口癖は「死んだらいつでも寝れるから」だったらしく、寝る間を惜しんで働いていました。

 

学校の授業中はもちろん生徒さんたちのために、放課後はテニス部の選手たちのために。朝から晩まで命の全てを、クラスの子どもたち、部活の選手たちのために使っていました。

 

私が生まれるときも、父は、テニスの試合で道外に遠征にいっていました。母は、父がお願いをした、良く知らないおばさんに手を握られて出産したそうです。

 

遠征につぐ遠征、生徒たちのために買うラケットや備品、いい先生がいると聞くと全国どこまでも飛んで話を聞きに行ってしまう父……。父はお金にとんちゃくするタイプじゃなかったので、当時は、母が嫁入りのときにおばあちゃんが持たせてくれたお金を切り崩して生活をしていたみたいでした。そのことを話してくれたのは、私が30歳を超えてからです。

 

「何のために仕事も辞めて、嫁いできたんだろう……」。あるとき思い詰めた母は、私の手をひいて、家出をしました。いや、「家出をする」という意識もなかったのかもしれません。

 

もうろうとした表情で私を抱え、国道を歩いている母。その姿を不審に思った町の人に、母と私は保護されました。

 

そのとき、母は、ふと思い出したそうです。

 

「私は、あの人が手術をしたときに、『神様、お願いだから、命だけは助けて下さい』と、あんなに祈ったじゃないか。それを聞き届けて下さって、命を助けてもらって、さらには元気で飛び回っていることを、不満に思うなんて、おかしいじゃないか」と。

 

とはいえ、知り合いのほとんどいない町で、家庭を顧みずにクラスの子どもたち、部活の子どもたちに傾倒している父を家で待っているだけの人生は辛いし、淋しい。

 

そこで、母は、父のクラスの子どもたち、部活の子どもたちと、自分も関わることを決めました。

 

毎日テニスコートに通い、そこでボール拾いをし、遠征には全てついていき、一緒に試合を応援し、一緒に喜び、一緒に悔しい思いをするようになりました。

休みの日には家にクラスの子どもたちが遊びにこれるようにし、一緒にご飯を作り、一緒に山登りをし、一緒に歌を歌うようになりました。

 

 

この春、父は1冊の書籍を出版させていただきました。父に内緒で準備をした出版記念パーティには、180人もの教え子さんや、その父兄の方々、ご一緒した先生方が、集まってくださいました。

DSC_0199.jpg

このシークレットパーティの準備を進めていくうちに何よりもびっくりしたのは、母が、父が関わったクラスの教え子、テニス部の教え子、同僚の先生方の名前を、全て、覚えていたことです。

DSC_0312.jpg

先生

父は、公開授業をすれば、教室に先生方が入りきらないほど北海道じゅうから先生がおしよせる人でした。クラス全員が発表をする授業は、今でも、多くの先生方に語り継がれています。

 

そして、テニスの指導者としては、小中高と、16回の自チームや北海道選抜の全国優勝に関わり、ベースボールマガジン社で7年間もの連載を執筆していた人でもあります。

 

 

でも、その全てを文字通り、支えてきたのは母です。父は、あらゆる重要な決断は、母と相談して決めていました。彼女がいたからこそ、父はずっと走り続けることができた。

 

母は、とても優秀な人でした。私たちの子育てが終わり、教職現場に復帰した後は、毎年、余るほどのオファーをもらって、勤務先を選んでいるほど、引っ張りだこの教員でした。でも、彼女は全く前に出ることをしなかったし、出しゃばることもなかった。

544777 512074422173990 1931287322 n

以前、私は、「ねえ、お母さんのほうが、お父さんよりよっぽど頭がいいし、仕事もできるのに、どうしてお父さんのサポートにばかりまわるの?」と母に聞いたことがあります。

 

母はこう言いました。

 

 

「お父さんには、人の心に火をつけたり、人の心をつき動かす力があると思うのね。それは、本当に素晴らしい力で、誰にでもある力じゃない。だから、私は、お父さんを応援したいと思っている」

 

10009813 672066256174805 508588282548743320 n

そうか、こんなにクレバーな人が「自分が裏方にまわって支えたい」って言うくらい、父はすごい人なのか……と、子ども心ながらに思ったことを覚えています。

 

 

 

今回、書籍を読んでくださった方々が口をそろえて「あの場面で泣きました」と言ってくださったシーンが3カ所あります。皆さん、同じ場所でした。

 

 

 

でも、私は、その3カ所以外にも、ぐっときたところがあって、それは、クラスの中でなかなか授業に意欲を持ってくれない2人の生徒さんのために、母と相談して深夜教室で大きな大きなさいころをつくるシーンです。

 

 

父と母は、あるときはそうやって一緒に授業のためのサイコロをつくり、あるときは授業のために一緒に静岡県から北海道までヤマトのトラックを追いかけ、あるときは生徒さんが出演する舞台を一緒に見に行き、あるときは親御さんからの相談を一緒にきいて、40年間、過ごしてきました。

 

父と母は、毎晩毎晩、お夕飯を食べながら、次の日の授業で使う仕掛けづくりについて、教室に貼る掲示物のアイデアについて、今日少し変わった生徒の態度について、話をしていました。毎晩、です。

 

 

 

私は、顔は母似だけれど、性格は父に似ていると言われます。情熱だけで突っ走るし、達成したいことに対してはしつこい。母のように、落ち着いて、後ろから誰かを支えるというような芸当が、できそうにもありません。

 

だけど、ひとつだけ、私は母を見習っていることがあって、

 

私も、夫の仕事場には、できるだけついて行くようにしています。

 

例えば、彼がアシスタント時代にミラノサローネの展示会の担当になったときは、ミラノまでとんだし、上越で担当したマンションが完成したときは見学にいったし、彼のボスの本やインタビューはできる限り読んだし、オープンハウスにもお邪魔しました。

 

 

知ることとは、愛することだと、言った人がいました。

 

その人のことを、知ることができ、理解することができたら、自然と、愛することができるし、応援できるものだということを、私は、母から学びました。

 

 

いつか書こうと思っていたんだけど、やっと、今日、書くことができました。
  
父の教育についての本は、父の本でもあり、同時に、母の本でもあるなあって、思っています。
勉強したがる子が育つ「安藤学級」の教え方

勉強したがる子が育つ「安藤学級」の教え方

 

【関連記事】

「教育」をテーマにした、父の本が出ます

 

 


カテゴリ:Thinking

2014.06.24 Tue

美容師さん向けのウェブ媒体がこんなに増えてる……ん? ってことは?

美容師さんを読者に想定したウェブ媒体って、結構多い。そして、最近さらに増えてきている。

readmore

C789 mbaniokaretakeitai500

こちらは、昔からあるけれど、ビューティガレージ。

最近GARDENの須崎さんが、こちらでブログを再開されて、みんなこのブログを読むために、ごっそりアクセスしてる。

 

 

美歴マガジンでは、afloatの宮村さんや、veticaのうっちーが連載を持っているし、美容師さんだけじゃなくて、IT業界の有名執筆陣や、税理士さんや社労士さんなどもコラムを書いてらっしゃる。

 

 

Hintsは始まったばかりだけれど、メーカーさんが運営するウェブ媒体。私も書かせてもらっているけれど、なんと、はあちゅうさんや、美容師名鑑の石渡さんのコラムなんかもあったりする。媒体ではなく、メーカーさんでもこれができるという好例だと思う。

 

 

美容師さんのロングインタビュー系にいたっては、あふれんばかりでして、

 

私もライティングさせていただいているビューティ総研の「トップインタビュー」は、全国各地の有名サロンの経営者さんたちの、かなり深い経営や人材教育のお話が書かれているし

 

こちらは、女性美容師さんたちにスポットをあてたインタビュー集

 

 

トライサロンのインタビューも、業界の有名な美容師さん、めちゃめちゃ網羅されていたりするし、

 

 

コレ以外にも、既に結構ある、美容師さんのインタビュー媒体。にも関わらず、これからさらにリリースされる予定もあり。

 

こういった、コラムやインタビューだけじゃなくて、テクニカル系の動画だって、相当数、アップされている。

 

こちら、老舗のサクラビューティTVとか、

 

女性モードの寺口さんがやってらっしゃる表参道MODEとか

 

これは、技術ものではないけれど、ミルボンさんが作ってらっしゃる情熱大陸的な動画のデザイナーズノート。

こんなに高いクオリティの編集ものを、メーカーさんが作ってらして、しかも、無料で見られたりする。

 

 

もちろん、これらの媒体だけで、美容業界に関わる全てが網羅されているとは言わないけれど、でも、かなり上質なコンサル論や、ブランディング論や、IT活用法や、経営論や、カットテクニックや、デザイン論や、動画が、ウェブ上で見られるってことは(しかも、その多くは無料だし、古い記事もいつでも見ることができる)

 

保管場所も必要で、1冊ごとにお金もかかる紙媒体(つまり、業界誌)って、これから相当大変だなあって、思う。

 

 

もちろん、クリエイティブなページに関しての写真のクオリティとか、1枚を撮るのにかかっている労力とか、その世界観とかは、ウェブ媒体と業界誌ではまだまだまだ大きな差があるんだけれども、

 

でも、少なくてもインタビュー関係のものって、

 

 

業界誌の権威というか、業界誌に出れることがステイタスということをのぞけば、今、出演するほうも、自分で拡散できて、タダで多くの人に見てもらえて、反応もダイレクトにコメント欄などで返ってくるウェブでの仕事、そんなに嫌じゃないっていうか、むしろこの先、ウェブでの取材を優先していくんじゃないかなって思ったりする。

 
あの雑誌の100ページに、私のインタビュー記事載ってますので、見てくださいね、って言うよりは、このリンク先のインタビュー記事見てくださいねっていう方が、やっぱり届きやすいし。
その一本のインタビュー記事読んでもらうために、1000円以上するその雑誌を買ってもらうのって、かなり難しい。

 
例えば、私自身もときどきインタビュー取材を受けるけれど、紙媒体よりも、ウェブ媒体で取材されたもののほうが、10倍〜20倍以上の人に見てもらえている感じがする(少なくても、目に見えるリアクションは、ウェブのほうが100倍くらいある)。

 

自分の意見を表明する美容師さんだって、やっぱり、リアクションがたくさんもらえる場所で発言したいと思うんじゃないだろうか。

 

実際のところ、業界誌の読者と、ウェブ媒体のユーザー、どっちがどれくらい多いんだろう。今度、石さんに聞いてみよう。

 

 

だから何、っていう結論のある文章じゃないんだけど、

 

 

業界誌で勉強をするという形(読者)と、業界誌に出てアピールするという形(出演者)が、ゆるやかに変わりつつあるのではないかと思う。

 

 

楽しみかどうかという目線でいうと、楽しみです。

 

【関連記事】

2014年美容業界大予測

雑誌にしかできないことなんてもうほとんどない。でも、ちょっとだけある


カテゴリ:Writing

2014.06.21 Sat

今月のar

今月のar。

 

もう、夏ですねえ。カメラマンさんの表紙のライティングに、めっきり夏を感じます。

スクリーンショット 2014-06-21 10.13.04

ところで、今月のar、中程に、PRと描かれたヘアページがあって、関西のサロンさんの写真が載っているのだけれど、

 

PRということは広告ってことなんだろうけれど、とても気合いが入っている写真で、それぞれのサロンらしさも見えて、なんだかとてもいいなあと思いました。

 

 

フォト用のヘアスタイルというか、ヘアスタイルのフォトというか、もう、全国的にかなりなレベルになっているんだなあということを感じます。

 

 

思ったよりも早く、フォト、の次の時代になりそうですね。

 

 

Tierraの原君のヘアが可愛かったです。

 

 

readmore


カテゴリ:Reading

2014.06.16 Mon

美容師さんの力で、抗がん剤治療中の女性のサポートを!

今日はちょっと長くなります。読んでいただけると嬉しいです。
 
皆さんは、今まで、抗がん剤治療で髪が抜けてしまったお客様をご担当されたことはありますか?

readmore

現在、医療用のウィッグは、ほとんどかつらメーカーの独占市場状態にあり、その値段は20万円から60万円と、大変高価です。
  
素材も化繊で、長さのカットはしてもらえるものの、かつらをカットするには美容師免許はいりませんので、美容師の皆さんが提供しているような繊細なカットは施されず、「見るからに、かつら」という自分の見た目に、治療以前にショックを受けてしまう患者さんも多いそうです。
  
そこで今、抗がん剤治療をする女性たちに対して、美容院で人毛100%のウィッグを販売し(値段も6万円です)、そのウィッグにカットやカラーやパーマを施し(施術料金はお客様からもらいます)というメニューを持つサロンが少しずつ増えてきています。

 
見た目にも、今までどおりのヘアスタイルにカットやカラーしてあげることで、闘病を前向きにすることができる、闘病中も自分らしくいられると、とても喜ばれているそうです。
 
最近では、がんであることを会社や家族(お子さん)などにも隠して闘病されている女性も多いため、そのたちには「周囲にバレないウィッグを作ってもらったことで、会社に通い続けることができる」と、とても感謝されているそうです。
  
しかし、まだまだ、一般にこの「美容院でカットもカラーもパーマもできる人毛ウィッグ」が浸透していないため、多くの患者さんは、かつらメーカーさんで高価な化繊ウィッグを購入している現状です。

 

 

そこで、今回、NPO法人のふくりびさんとともに、美容師さんが作る、医療用ウィッグのヘアカタログを企画しました。このヘアカタログは、病院に寄贈し、まさに病気の宣告を受けた方々の手に届くようにしたいと思っています。

 

 

そのために、この医療用ウィッグヘアカタログを作る資金を、クラウドファンディング(ネット上で集める募金)をすることにしました。
募金サイトはこちらです。

ふくりびJPG

 

デザインは、数々のヒット書籍の装丁を担当されているTYPEFACEの渡邊 民人さんが担当してくださることになっています。

 

目標金額を達成した暁には、今回の企画の主旨にご賛同くださった、MINXの岡村さんとVeLOの赤松さんが、中心的に関わってくださることになっていて、さらに多くの美容師さんのご協力もいただきたいと思っています。

 

content_cb8731a4f7bad6a163a45a17c276b9708f819e1econtent_9c682644a401371ebd55b8b4d751ed1a0d4b5aed

(ちなみに、岡村さんとは先日打ち合わせをしたのですが、今回、実際にウィッグを見られて「こんなに密度が高くて、いい髪のウィッグは見たことない」と絶賛されていました)
20140615_094557
ヘアカタログのディレクションは、私が担当させていただきます。皆さんのお力を借りて、さすが、美容師さんが作るウィッグのヘアカタログは、こんなにオシャレで素敵なんだというものにしたいと思っています。  皆さん、是非、この試みを拡散、応援していただけないでしょうか。

 
例えば、以下の方法で、この試みを応援していただくことができます。

 

 

1) Ready for? でスタートした募金の取り組みを、FacebookやTwitter、ブログで拡散してくださる

(https://readyfor.jp/projects/fukuribiiryoyowig-photo が、この募金のURLになります)

 

 

2) Ready for? の画面で募金をしてくださる(目標金額達成したときのみ、クレジットカードから引き落としになります)。

 

 

3) 皆さんのサロンが、美容師さんがカットする医療用ウィッグの取り扱い店になってくだささる。(最初に2サイズあるウィッグを2体導入していただければ、その後は受注発注で大丈夫だそうです。詳しくはご連絡ください)。

 

 

 

私の義母は、元美容師さんでした。やはり抗がん剤治療をして、かつらをかぶっていました。そのとき「本当に、世の中にいいかつらって無いのよ」と言っていました。美容業界に関わっている身として、何もアドバイスしてあげられなかったことを、とても悔しく思いました。そのことも、この活動に関わるきっかけになりました。
悩んでいるお客様たちは、現在はかつらメーカーでかつらを購入するという選択肢しかないような状況です。美容師さんの力で、闘病中の女性たちを、サポートしてもらえないでしょうか。
Ready for? のページはこちらです。

 

 

読んでくださり、ありがとうございました。


カテゴリ:Shooting

2014.06.14 Sat

細部のセンスが良いということは、全部のセンスが良いということだよね

今日ね、あるワークショプセミナーに参加したら、席にこんなものが置かれていたんです。

readmore

20140614 185220

これ、何だと思います?

 

この封筒をあけると、今日のワークショップで使う、レジュメや、ワークシート一式が入っていたんです。しかも、こんな感じで。

 

20140614 185324

写真撮り忘れちゃったんだけど、テーブルの上には、とてもカラフルなドイツ製の鉛筆が用意されていて、それで、私たちは、自分の人生を振り返るというワークをしました。

 

20140614 185302

これ、私の仕事に対する気持ちのアップダウン曲線。

 

 

最後には、自分の書籍を作るとしたら、どんなタイトルで、どんな内容にするか、つまり今後どんな人生を行きていきたいかということを考え、全員のタイトルを発表するところで終了しました。

20140614 185240

この、左のヒラリーさんのところには、その後の撮影会で撮った自分の写真を貼付けて完成です。

 

いろいろ書き出すことが多いワークショップだったんですが、鉛筆を使ったのにも関わらず、全く手が汚れたりせず。これも、使う紙と鉛筆の芯の相性を考えて、手が汚れないものを使用されているのだとか。

 

 

自分の人生を振り返るワークだったので、ことあるごとに見返してほしいという主催者さんの想いをくんで、ずっと手元に残しておきたいと思えるようなワークシート+バインダーになっていたそうです。

 

 

 

こういう、細部がとても細やかにデザインされているセミナーは、もちろん内容自体も細やかにデザインされていて、とても気づきの多いセミナーでした。

 

JALIという女性の指導者を育成する研修プログラムのセミナーでした。

20140614 185349

これらのセミナーのレジュメ一式を制作されたのは、giftedという会社の方。すごく素敵な方だったので、皆さんもご用命あれば是非!

 

ここで私が、私自身の人生について気付いたことについては、またどこかで書きたいと思います。

 

【関連記事】

スタイリングとデザインの違い
 
BEAUTRIUM川畑さんのデザインアカデミー 思想のあるカットってこんなにも美しい

 


カテゴリ:Seeing