2014.06.04 Wed

下田美咲ちゃんの「生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案」発売!

全国の美咲ファン、通称シモリアンの皆さん、お待たせしました!

 

編集のお手伝いをさせていただいた、下田美咲ちゃんの書籍が昨日、発売になりました!

readmore

普段、私は本を紹介するときに、「もし、ご興味があればぜひ!」と書くのだけれど、この本に関しては、「絶対読んだほうがいい!」の一点張りです。めちゃ、面白いから。ほんと、ヤバいから。

IMG 1124

 

美咲ちゃんのTwitterに寄せられる、いろんな悩みに対しての名回答がつまっています。

 

例えば、

彼氏がもう3ヶ月もエッチしようとしない。死にたい、とか

親の干渉がすごい。死にたい、とか

父親が浮気をしているのを知ってしまった。死にたい、とか

同期はどんどん出世している。差がつくばかりだ。死にたい、とか

自分に自信が持てない。死にたい、とか

上司が私を全く認めてくれない。死にたい、とか

 

そういうお悩みにずばっとこたえている1冊です。

 

 

え? 嘘、そういう解決法もあるの? って、私も目から鱗が300枚くらい落ちたね。

 

書店さんでも大盛り上がりしているようで!!

びればん

 

ほんとに、めちゃめちゃ面白いので、是非、手にとってくださいませ。

 

 

 

人生、ちょっと見え方が変わります。

 

IMG 1123

 

 

amazonでも買えるよ!!
生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案

生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案

 

 

【関連記事】

下田美咲ちゃんについて思うコト

名言よりも名案が世界を救う 性格よりも行動が人生を変える

 

 


カテゴリ:Writing

2014.06.01 Sun

美容師さんになりたい学生を誰が引き止めているのか

今から3〜4年前。私は、出版社や美容関係の人に会うたび、「美容師さんになりたい中学生、高校生が増えてほしい。なので、美容師列伝的なマンガを作りたい(つきましては誌面で取り上げてほしい、つきましてはスポンサーになってほしい)」と、企画を持ち込んでいた時期がありました。

readmore

 

 

そんなときに、「うーん」とひと言、うなった後に

 

「増田さん(当時の私の名前です)、直接学生に訴えるマンガもいいと思うんだけれどね、世の中には美容師さんになりたいという学生に強く反対をする大人たちもいるんだよね。だから、そういう人たちに対して『美容業界はいい業界なんですよ』と、働きかけるのも、大切じゃないかと思うんだけれど」と言ってくれた人がいました。

 

それが、ビューティ総研の野嶋さんです。
2013 03 19 20 58 30

野嶋さんは、ビューティ総研にいらっしゃる前に、高校生の進学を扱う部署にいらして、全国の高校をまわってらっしゃいました。

 

 

その高校の進路指導の現場では、「美容師になりたいと言った学生さんを、引き止めようとする学校の先生や、親御さんがいる」という事実があったそう。残念ながら、そういうケースでは、美容師さんの仕事というのは、理解されていなかったり、誤解されていたりもする。
マンガを作って、美容師さんになりたい若者に夢を持ってもらうことも大事なことのひとつだけれど、学校の先生や、親御さんにダイレクトに伝わるメッセージで、「美容師って、素晴らしい職業なんだ」ってことを知ってもらうのもいいかもしれない。

野嶋さんは、そんな提案をしてくださいました。

free-photo-school-kokuban.jpg
その後、

 

高校の進路指導の先生を招いたパネルディスカッションを開いて下さったり、
進路指導の先生が読む雑誌に美容業界をひさかたぶりに取り上げて下さったり.
専門学校の先生たちかのご意見をヒアリングされたり、

 

いろんな場所で、野嶋さんは、美容業界を目指す若者たちのサポートをされてきました。

 

 

そして、「美容師という職業の魅力を、もっともっと多くの人たちに届けたい」という野嶋さんの悲願とも言える一冊が、この本です。

 

 

美容業界の人材育成に学ぶ・「うちの新人」を最速で「一人前」にする技術

軽 272850 8
美容業界で行われている、素晴らしい人材育成の方法、スタッフ教育の方法は、あらゆる業種の人たちの人材育成の参考になるのではないかという、まさに、美容業界の価値をあげてくれる1冊だと思います。

 

全編を通して、野嶋さんの、美容師さんに対する愛とリスペクトに満ちあふれています。

 

 

野嶋さんにしかできない仕事で、美容業界の素晴らしさをいろんな人たちに届けてくれた一冊。とても嬉しい一冊です。
多くの異業種の人たちに読んでもらいたいし、

 

とりわけ
お子さんが美容業界に入ることを反対されている親御さんや、高校の先生たちに読んでいただけると嬉しいなあって思います。

 

いろんなサロンさんの人材育成の成功例がたくさん載っている本です。是非、皆さんも手にとってみてくださいませーー!

 

 

美容業界を目指す若者と、それを応援してくれる親御さんが増えると嬉しい!!!

 

初心はいつまで覚えているか
だけど、美容師をあきらめないで


カテゴリ:Writing

2014.05.31 Sat

「自分の時間」はありますか?

昔、Xel-Ha by afloatの史ちゃん(金子さん)に取材をさせてもらっているとき
 
「辞めていくアシスタントって、 たいてい『自分の時間がない』っていうんですよね」 と言った後に、「でも、ほんとは全部、自分の時間なんですけどねー」 って言っていて
 
あ、そうか! ってすごく腑に落ちたことがあります。

readmore

  
実は私も「そんなに仕事もしていて(近年では子どももいて)、ご自分の時間はあるんですか?」と、よく聞かれます。だいたい、1年に20回〜30回くらい聞かれます。
 
その質問、前からすっごく違和感あったんですよね。

PP clock500

「ん? だって、24時間全部自分の時間なのでは?」って思うからです。子どもと遊んでいる時間も、お夕飯作っている時間も、仕事している時間も、寝ている時間も、全部全部、自分の時間だと思っているから。
 
「やらされている」と思った瞬間、 それは他人に管理される時間になる。 無駄だと思った瞬間、 その時間は無駄な時間になる。
 
でも、そうじゃない限り、 自分で選び取って過ごす時間は どんな時間も「自分の時間」。 それが仕事している時間だとしても。 そんな時間の積み重ねが、 血となり肉となり 今の自分になっていて、 そんな時間の積み重ねが、 血となり肉となって これからの自分になっていく。

 

 

で、史ちゃんと話をしていて、あ、そうかと気付いたのは、私に「自分の時間がないのでは?」と質問する人たちって、仕事や育児は「自分の時間」だと思ってないないんだなあってこと。だから、そういう質問するんだなあってこと。
 
「自分の時間を持てないから仕事を辞める(変える)」という人たちを、私は否定する気は全くありません。意外かもだけれど、私も仕事以上にプライベートを大事にしています。
 
ただ、これからの長い人生、その中でも特に長い時間を過ごす仕事に関しては、できることなら、「自分の時間」と思えたほうが、人生が楽しくなるんじゃないかなーと思う。
 
だから、「自分の時間を持てないから仕事を辞める(変える)」と思った人たちも、次は、自分の意志で自分が過ごす時間を決定して、自分の過ごす時間を全部「自分の時間」と思えるような仕事に出会えるといいなあ、と勝手ながら願っています。

 
 

私たちは、時間を食べて生きている。 過ごした時間を栄養として育っていく。
 
 

24時間を自分の時間にできたほうが、多分、自由なんじゃないかって思う。そして自分の意志で選び取ったものに対しては 120パーセントの誠意とパワーで接したい。

 

ってことを、2007年のブログで書いていたんだけれど、それを思い出したのは、これを読んだので。

とても常識的で、とてもまっとうで、とてもハートフルな一冊でした。

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
堀江 貴文
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 236

 
 
堀江さんも、「自分の時間」の定義について書いてらっしゃいます。
 
 
【関連記事】

残されている時間

撮影の準備にかけたその時間や濃度は写真にうつる、と思う


カテゴリ:Thinking

2014.05.28 Wed

若手には超えなくてはいけないハードルが2つある?

今日、veticaのうっちー(内田聡一郎さん)と、武道館の感想の話になり(武道館の感想はこちら)、そこから、撮影の話になり、若手の人たちって、仕事をするときに2つのハードルが課せられているんじゃないかという話になった。
 
以下は、私がうっちーに伝えたことなんだけど、ここにも書き残しておこうかなと思います。

readmore

例えば、撮影があるとき。

 

巨匠は、いいデザインを作ろうとしている。

 

若手は、いいデザインを作ろうとしていることに加えて、そこで自分を認めてもらえるようなインパクトを出さなくてはいけないと考えている。なぜなら、そこで「自分らしさ」や「自分でなくてはいけない何か」をアピールできないと、次の仕事につながらないから。

a0050_000171_m

それは、ハードルを2つ跳んでいるようなもので、既にポジションが確立されている巨匠が本件のみに集中すればいいのに比べて、大変なように見えるというようなことを話しました。

 

 

実際、若手が世の中に出て行こうとすると、口をぽかんとあけて、上から仕事が降ってくるのを待っているだけでは今のご時世ちょっと難しくて、

 

何らかの形で下克上をしないと(つまり、誰かよりもいい仕事をした結果、その人の代わりにそのポジションにおさまる)いけない。

 

そのためには、もらった仕事でいいデザインを作る(いい仕事をする)ことはもちろんなのだけれど、この人ともう一度仕事をしたいと思わせるような、何かプラスαで仕掛けをしていかなくてはいけなかったりする。

 

そういうことをしなくて良くなったときに、やりたいことがやりきれたり、デザインに集中できたりするのかもしれないなあというようなことをふわっと考えました。

 

 

私自身を振り返ってみても、年齢を重ねるごとに、「ページを作る」という仕事に集中できているように思います。「次号の仕事をもらうための仕事」ということを一切考えなくてよくなってから、純粋に「読者のために良いこと」「写真を素敵に活かす工夫」「わかりやすい原稿」に専念できるようになったように思います。

 

同時に、経験を重ねて、「ポジションをとる」ことから解放されると、怖いのは「もうアレは古い」とか「全然イケてない」というジャッジを自分で下さなきゃいけないことで、これがズレてくると誰も指摘してくれないという落とし穴は、ある。

 

久しぶりのブログ更新。うっちーと話をしていて思った「若手には超えなくてはいけないハードルが2つある?」って話でした。

 

んではまた。ぐっばい。

 

[関連記事]

巨匠の凄みに触れた 1を10に拡散するんじゃなくて、10を1に圧縮する

いつまでが若手か


カテゴリ:Shooting

2014.05.21 Wed

美容業界の一番素敵なところってココ!

美容師さんの地位を上げようとか、美容業界を盛り上げようとか、いろんな試みがされていますよね。

 

美容業界の魅力はたっくさんあるし、私は、趣味は「美容師サン」って言い回っているくらい美容師さんが好き。

 

んで、そんなたくさんの魅力の中でも、特に、私自身が、美容業界のココが凄い。これを他の業界の人に知ってもらいたいと思って、よく人に話すのは、美容業界の「人の教育」。

readmore

 

 

今まで、いろんなオーナーさんから「美容業界は教育産業だ」という言葉を聞きました。まさに人が財産の世界だから、本当に、皆さん、教育に力を入れていらっしゃいます。

 

入社したときには、なんだか若くてふにゃっとしていて頼りないイメージの新人さんたちが、数カ月、半年たつと、シャキッとした、社会人になっていていく様は、毎年毎年そのたびにびっくりしています。

 

 

 

そんな、美容業界の人材教育にスポットをあてて、他業種の方々に「美容業界の人材教育って、マジすごいんです。ここまでやってるんです。是非、美容業界のやり方から、人材育成のポイントを学んでください」って本が講談社さんから出ました!

 

「うちの新人」を最速で「一人前」にする技術

美容業界の人材育成に学ぶ

軽 272850 8

 

著者はビューティ総研の野嶋さん!! 全国のオーナーさんたちに数多くのインタビューをされている野嶋さんだからこその目線で、美容業界の人材育成の素晴らしさを、外の業界の人たちにメッセージしてくださっています。

 

 

 

こういう本が出るのは、美容業界ファンとして、めっちゃ嬉しい。

 

 

人材育成の方法を教えてくださったサロンさんも豪華!

 

 

RT Ash  ATERIER FAGOT  apish  ALTI

uka  GARDEN  COLORS JAPAN

CREO INTERNATIONAL   SARA   switch   SNIPS

ピカイチ   FaB   forcise   FORTE

Blossom   MASHU   MISS ESSENCE  MINX

UNIX   友美   RICH   LIM

 

というサロンさんの、人材育成方法が、書かれています。(敬称略ですみません)

 

 

私も、編集のお手伝いさせてもらったのですが、ほんと、美容業界の素晴らしさがつまっていて、このような内容が、いろんな業界の人たちに読んでもらえると、すっごく嬉しいし、美容業界の地位向上につながっていくのではないかと感じました。

 

 

美容師さんになることを反対される親御さんたちにも読んでほしい! 美容業界、素敵な業界だって知ってほしい!

 

 

既に、ニュースにも取り上げられています。

スクリーンショット 2014 05 21 13 31 10

 

多くの人の手にとってもらえると嬉しいなあと思います!!

 

amazonでも買えます。こちらからどうぞー!

スクリーンショット 2014-05-21 16.56.23
「うちの新人」を最速で「一人前」にする技術 美容業界の人材育成に学ぶ (講談社+α新書 658-1C)

 


カテゴリ:Writing