2009.05.31 Sun

カルティエクリエイション(追記しました)

 

もたもたしていたら、最終日になってしまいました
いまから行ってきます

 

・・・・

readmore

 
行ってきました。
吉岡徳仁さんプロデュースのカルティエ展。

今回は、作品のバックボーンが語られ、 それぞれのピースが持つ物語とともに作品を鑑賞するという形。

Story of・・・と題された、展示でした。

それぞれの作品に宿るストーリーを感じてもらいながら鑑賞してもらう。

 

それ自体は誰でも思いつく手法だと思う。

でも、それを映像を効果的に使って読ませるというよりは見せる、 そういう演出をしたところが、さすが吉岡さんと思った次第。

個人的には、なんで、日曜日に、しかも最終日に行っちゃったかなあという後悔。

 

もっとはやくに行けばよかったよ。
人が少ないところだったら、もっともっと楽しめたと思う。

 

 

ところで

 

 

私は宝飾品にほとんど興味がないのだけれど

 

それらの過剰なまでに輝く宝飾品に宿る物語を語られると

 

そのネックレスやら、ブレスレットやらが 急に、そのストーリーに必要な輝きを有しているようにうつるから、不思議。

 

いや。

不思議でもなんでもないか。

 

なんにも説明のいらない美もあるし

言葉を得てより輝く美もある

 

 

女優のグロリア・スワンソンが購入したというブレスレットが素晴らしかった。
オスカーの授賞式で主演女優賞を逃した彼女の大粒の涙を受け止める、 そのブレスレットの映像が流れたとき
目の前のブレスの上に流れた時間の重みを感じたのです。

 

 


カテゴリ:Seeing

2008.10.21 Tue

圧倒される(追記しました)

早よ始まらんかい 早よ始まれーと念力をかけていた展示会がやっと始まった。
吉岡徳仁の「セカンド・ネイチャー展」at 21_21デザインサイト

readmore



もう、完全に打ちのめされました。

すごい。

このヒトと同じ時代に生きていることが心から嬉しい。

 

まず会場に入ってですね、 なんじゃ、これ、このさらさらな空間。 ここは日本? っていうか、 ここはいつ? って完全に日本語崩壊してるけど。 もう、ここに今夜は泊まりたい! と思いましたね。 こんな場所にずううっっといたいと思ったのね。 もしこんなサロンがあったら、用事がなくても毎日打ち合わせに行く。絶対

そして今回の目玉企画でもある

結晶の椅子。

鳥肌がたちました。

この空気を体のすみずみまで満たしておこうと 何度、会場で深呼吸したことか。

ああ、いいもん見た・・・。

はっきり言って 相当オススメです

(追記) SOURの11月号に吉岡さんのインタビューが載っていたんだけど

 

「エコロジーやリサイクルといった 人間中心の考えではなくて もっと大きな意味での地球について考える きっかけをつくれたらと考えています」

 

とあって、 だから、ああなるか、と、
あらためておもった。

ところで、 このかた、10歳しか違わないんだなー。

師匠は倉俣史朗氏と三宅一生氏。 倉俣氏は、ミス・ブランチなどで有名なヒト。

普段、素敵だなーと感じるプロダクトデザインが 作者を調べると倉俣さんだったり、吉岡さんだったりということが多い。

美意識の伝承。


カテゴリ:Seeing

2006.08.21 Mon

もう1回戦える

高校野球のお兄さんたちが、お兄さんじゃなくなったことに気づいたのはいつ頃だったでしょうか。 気づくと、横綱ですら、お兄さんじゃなくなっていますね。 歳をとることって偉大。
さて、37年ぶりの再試合、夏の甲子園決勝戦が終わりました。

 

readmore

昨日、延長15回まで戦いきった選手が、 「明日また、もう一度試合ができるのがうれしい」と答えていたのが印象的でした。 そう。疲れたとか、そういうことじゃないんだよね。 最後の最後だと思っていた野球生活。 もう一試合できるということが、彼らにとっては、なによりも嬉しいんでしょうね。

 

思えば、私も、学生時代、 ソフトテニスの全国大会、個人戦決勝戦の前にひしひしと感じました。 「もう、この試合で私の3年間の部活動は終わっちゃうんだ。 終わってほしくないな。もっとやりたかったな」って。 自分が練習してきたことを、もっともっと試したくって、 だから、1試合でも多く勝ち残って、可能な限りたくさん試合がしたかった。 地区予選、支庁予選、北海道予選、全国大会とずっと勝ち続けてきたのに、 とうとうこの決勝戦で、もう全部が終わっちゃうんだ、という、どうしようもない寂しさ。   優勝祝賀会で私は。

スクリーンショット 2015-07-12 0.05.09

勝ったことの嬉しさと、終わってしまったことの寂しさを両方感じていて。 まだまだやりたいのに、もうステージがないことが、とってももどかしかった。 きっとあのときに、私は、スポーツを一生の仕事にすることを辞めたんだと思う。 技術的にだけではなく、年齢的にも、 いずれステージがなくなる、という怖さや不安から、 私は、逃げたんだと思う。

 

先日サカキ(reveレーヴの榊原さん)に 「ゆみさんは、どうしてそんなに、頑張りたがるんですか?」 って、聞かれました。

 

いい加減、酔っていたので、そのときはうまく答えられなかったんだけど、 そうそう。思い出したんだよね。
私、もっともっと戦っていたかったんだと思う。 それが今は、やっと、かなって。 試合終了のコールのない場所で戦えることがすっごく嬉しいんだと思う。
階段を1歩あがれば、今まで気づかなかった壁が、突然立ちはだかって。 そんな「ズットオワラナイ」毎日が、幸せ。 もう一回戦える。ずっと戦える。

 

これって、めっちゃ幸せ。

 

【関連記事】

芸能人じゃないしスポーツ選手じゃない


カテゴリ:Thinking