2010.07.31 Sat

名古屋にオープンしたAmphi by afloat

8月1日に、名古屋の栄にオープンするAmphi by afloatさんの
オープニングパーティが、昨日ありました。
と、言っても、私はお邪魔できていないのですが、
先週、名古屋に行ったときに、内装80パーセント完成した状態のサロンにお邪魔してたので
そのときの写真をご紹介です!

readmore

 

 

 

Amphi by afloat(アンフィ バイ アフロート)は、
名古屋出身のなるき(杉浦成規さん)がトップをはるサロンです。
栄の久屋大通り沿いのこのビルの6階。

なるきは、10年前にアフロートがオープンしたときに、
アシスタントとして入社したオープニングスタッフのうち、
唯一辞めずに、10年間つとめあげた根性の持ち主。
昨年は、自分で撮影した写真を撮りためて、本も出したくらいの努力家です。

 


1階はお洋服やさん。

 

 

エレベーターには

 

 

レセプション

 

 

コールド待ちが、外に向って開けていて、すごく開放的なサロンです。
外に向って開けている部分が、おそらく90度~110度くらいあると思う。
光がさんさんと入って、栄の街が見下ろせて、とても気持いいです。
おそらく、夜景もキレイだと思う。

 

 

シャンプーブースも広々。

 

 

アフロートと言えば、いつも凝っている天井ですが。

ここはこんな感じ。

 

 

待ち合いはメルヘンで可愛らしい空間。
届きたてほやほやの椅子がセットされていました。
(まだビニールかかっている状態で撮影しちゃってごめんなさい)

 

 

まだ商品が搬入される前の店販棚?かな。

 

 

全体的にロマンティックというか、キュートというか
女の子好みの可愛らしい雰囲気のサロンです。

 

ホームページはこちらアフロートのみなさん、おめでとうございます!

 

 


カテゴリ:Seeing

2010.07.30 Fri

今日は 切って 切って 切りまくるぞ!

readmore

というコンセプトの
kakimoto armsさんのヘアショーに行ってきました。

 

 

90分間、ひたすら、カット、カット、カットという潔いショー。
今日は「切って、切って、切りまくるぞ!」というテロップが流れた後は、
6人、8人、6人、3人(だったかな)の4ステージ。カットって、私みたいな素人がずっと観てても全く飽きないものですね。
後で小林さんに聞いた所、サロンでオーディションをして、この日ステージにあがる人が決められたのだとか。品川プリンスで行われたショーは、1000人以上の人が入っていたそうです。 

いくつか感想を

カットはもちろんとして、kakimoto armsさんのショーでやっぱりすごいなと思うのは、ヘアカラー。赤やオレンジのカットの毛束がはらはら落ちるのは、本当にキレイでした

女性スタイリストさんだけが立ったステージは、とても華やか。kakimotoさんの女性スタイリストさんはみんな美人。オシャレだし、キレイだし、みてるだけで嬉しくなりました。

ステージに立つスタイリストさんが、みーんなオシャレ。ヘアショーのステージって、スタイリストさんの靴がすごく気になります。kakimotoさんのショーに立っている皆さんの靴がみんな素敵でピカピカでいいなあと、そんなことを思っていました。

余談ですが、大トリを飾った青山店の小林サンは、完全に45歳くらいに見えます。そして若いときの萩原流行に似ています。が、実は私と同い年。昭和51年組だと分かったときは、ビビりました。ただ、小林さんも、同じように私のことを相当年上と思っていたらしく、私の年齢を知ったときはビビったそうです。そんな同級生。これからもよろしくお願いします。

ちなみに、この大舞台の次の日、朝7時から小林さんに撮影お願いしていた私です。スミマセン・・・。

とにかく、

カットだけで90分。

ある意味、
とてもストイックなショーでしたが、
すごくいいものをみせていただきました。

お誘い、ありがとうございました。

 

 


カテゴリ:Seeing

2010.07.30 Fri

最近観た映画3本

『インセプション』と
『踊る大捜査線 THE MOVIE3』と
『のだめカンタービレ最終楽章 後半』を
今週立て続けに観ました。

readmore

 

 

『インセプション』は、ダンナさんのリクエストで。
総じて楽しく観てられる映画でした。
最後のほう、映画の展開に、のろい私の頭がついていけなくなりましたが
それでも、ただただ楽しいです。
街が立ち上がる映像はすごくインパクトありました。
これは、映画館で観てもよいかも。

 

『踊る大捜査線』は、
ドラマ、スペシャル、映画1、2、スピンオフ2本(『交渉人真下』『容疑者室井』)
すべて観ている私。
正直、今回の映画は、ぬるい。
今回のは、一番、ぬるくてゆるいなあ。
時間も長く感じたなあ。
ただ、深津絵里さんの変わらない美しさは一見の価値ありです。

 

『のだめカンタービレ 最終楽章』は
これまた漫画、ドラマも、アニメもスペシャルも全て観て(読んで)いた私。
ドラマは、一時仕事のときのBGVにしていたので、おそらく5回は観た(聴いた)と思う。
うっかり、映画の前編を見逃したので、
DVDを借りて家で観てたらすごく良くって
後編のDVD化は待ってられんと思い、あわてて検索して
いまでもまだやっている映画館を探してその日のうちに観に行った。
原作の台詞をできるだけ生かしたというラスト付近はもう、涙、涙す。
これはドラマからなんだけど、脚本も演出も本当に上手。
250人くらい入る映画館に5人しかいなかったけどwww
観に行ってよかった!

そんな3本でした。


カテゴリ:Seeing

2010.07.25 Sun

靴とバッグを修理に出してみた

家の近くに、靴とバッグの修理屋さんができたのと
やっと声がまともに出るようになったので
嬉しくなって、ずっと修理に出したいと思っていた靴とバッグを
修理&クリーニングに出してみた。

readmore

1)アイボリーの色が既に判別不可能なくらい使い倒したバレンシアガの超でかバック
2)持ち手のビスがとれて一度ショップで直したけれどまたすぐとれたmiumiuのトート
3)ファスナー部分が死んで、ずっと指でこじあけていたダンナさんのバリーのバッグ
4)ヒールが激しく傷ついて以来、一度もはいていない、5万くらいした真っ青なサンダル。
5)リボンがとれて以来、一度もはいていない、3800円の黒×ピンクのパンプス

しめて、5点で、修理代30712円

このうち18000円分はバレンシアガの洗濯代。どこまでキレイになるだろう。
BEFORE撮っておけばよかった・・・。
真っ青なサンダルは、ヒール部分を真っ赤に変更してもらい、バイカラーにすることにした。
ピンクのパンプスは、元の代金より修理代のほうが高かったけれど、やたら気に入っているのでよし。
仕上がりが楽しみなり~!

 


カテゴリ:Shooting

2010.07.23 Fri

今月のGINGER

山田優ちゃんのがっつりインタビューが読み応えありました。
小栗旬君のことをはきはきと語っており、
さすが、釣谷さんの原稿はいつもすごいです。

readmore

GINGER (ジンジャー) 2010年 09月号 [雑誌]
GINGER (ジンジャー) 2010年 09月号 [雑誌]
幻冬舎

「モテ」って言葉が大嫌いという巻頭の山田詠美さんのエッセイに
かぶせるようなモテ服特集もウケました。

 

 


カテゴリ:Reading