2010.04.23 Fri

こちらも発売になりました!

続々、出版ラッシュです!
こちらも発売になりました
「と・き・め・きヘア」
 

readmore

こちらは雑誌ではなく書籍になります。
フォトコミックをたくさん使っているので、
すらすら読みやすいし
わかりやすーく「モテ髪」を解説したおもろい一冊です。
アフロート宮村さんのテクニック満載の
保存版ですよー。

 

是非、見てくださいねー。

 

「女ゴコロがわからなくてビジネスができるか!」
「恋するヘア・ベストスタイル」
「と・き・め・きヘア」

 

3冊、すべてどうぞよろしくお願いします!

 

 


カテゴリ:Writing

2010.04.23 Fri

こちらも本日発売!

readmore

 

「恋するヘア・ベストスタイル190 byMINX」
本日発売です。
 

カウンセリングにもつかいやすく、
カジュアルでオシャレなヘアカタです。
1冊まるごとMINXさんがヘアを担当してくださいました。
ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました!


カテゴリ:Writing

2010.04.21 Wed

ついに発売! 「女ゴコロがわからなくてビジネスができるか!」

アフロートの宮村さん、初のビジネス書
「女ゴコロがわからなくてビジネスができるか!」(主婦の友社)が
今日、発売になりました。

readmore

ビジネス書の書評家の方々にも、様々な媒体で絶賛していただき
昨夜のAmazonのランキングでは発売前日にも関わらず41位!!
すごすぎます。
 

今日は、Amazonで既に在庫が切れてしまっていました
(主婦の友社さん! 補充、お願いしますーーー)

 

日本橋の丸善などではビジネス書コーナーに平積みされております。

 

私は、構成&まとめとして
この書籍に関わらせていただいたのですが
宮村さんの考える「女性スタッフやクライアントとのつきあい方」は
明日からすぐ使えることばかりで、
とっても中身の濃い、けれども読みやすい、そして役に立つ本だと思います。

 

美容師のみなさまはもちろんですが
メーカーさん、ディーラーさんにも是非読んでいただきたい1冊です。
どうぞよろしくお願いします!!

 

下記にAmazonの紹介文を転用させていただきます!

 

女性スタッフは扱いにくい、女性のお客さまはむずかしい」と思っている
男性すべてに贈る、新しいコミュニケーションルール集。
「長いお説教は逆効果」「ネガティブな言葉はポジティブに言い換えよ」
「まずは相手の言葉に耳を傾けてみよ」「命令せずに依頼せよ」
「飲み会に誘わず仕事だけを教えろ」「数字ではなく形容詞のほうが確実に伝わる」
「くどくつもりで相手のいいところを探せ」「武勇伝は封印せよ」
「加齢臭に注意をはらえ」など17のわかりやすいルール満載。
著者は、女心を的確につかみ、美容ビジネスで150億円以上たたき出している
ヘアデザイナーの宮村浩気。美容師として20年以上美容業界のトップを走っており、
数々の女優・タレントヘアでブームを巻き起こしてきた。
現在は美容室経営のほか、花王ヘア商品、CVS向け商品、楽天売り上げNo.1ヘアアイロン、
美容室専売のヘア商品、ペット用シャンプー開発で業界始まって以来の
記録的ヒットを飛ばしている!
仕事で女性と関わる男性必読です!

 

 


カテゴリ:Writing

2010.04.10 Sat

文章を書いて生きていく かもしれない 私

ライターという仕事をしているけれど
実際、仕事の中で原稿を書いている時間は全体の2割くらいで
あるライターの先輩の言葉を借りれば
「美容コンテンツ制作マン」みたいな肩書きのほうがしっくりくる私です。

readmore

はっきりいって、仕事の中で、原稿を書く部分は、
精算や請求書をする仕事の次くらいに嫌いです。つーか、嫌いでしたし、
あんまし上手に書けないんで、どっちかというとコンプレックスでした。
ライターである以上、原稿書かないとギャラもらえないから書いておりましたが
はっきりいって、原稿は秒殺できればこしたことはないと思っておりました。
 

がしかし、ここ半年くらいの仕事で
真面目に、ごく真剣に文章と取っ組み合う機会がいくつか立て続けにあり
それがかなり苦しかったけど充実していたし、
普段は自分が書いた文書を読み返したりしないんですが、ちゃんと読み返してみたら
思ったよりも自分が、この10年で文章を書くことが上手くなっていたことに気づき
そろそろお茶をにごさずに、ちゃんと「原稿書き」として
生きていくように頑張ったほうがいいのではないかと思うようになったようなならないような。

 

ラヴェル
ラヴェル
関口 涼子

ま、そしてそんなときにラヴェルです。

 

今日、リンネで読み終わりました。

 

もともとラヴェルのピアノ曲が好きで、手にとった本ですが
(いま、辻井伸行さんとフジコ・ヘミングさんの「水の戯れ」を交互に聴きながら書いてます)
本当に素晴らしかった。

 

ラヴェルの音楽のような文章と評されていますが
まさに、心にひっかかりのある音楽を聴くようなすごい文章でした。
これ、多分、翻訳者もすごいんだろうな。

 

素晴らしい文章は人をどこかに連れて行く力があり
まあ、そんなところに行こうとは全く思っていなかった私でありますが
なんか、そういう文章がちゃんと書ける人になりたいかもと思う。

 

でも、ひょっとしたら
久しぶりにリンネに行って、酔ったから、かもしれない(笑)

 

とにかく、ラヴェルは素晴らしかった。

 

こんな文章が書ける人になってみたい。
(あとで調べたら、フランスを代表する大作家でした・・・)

 

 


カテゴリ:Writing

2010.03.24 Wed

BOBさんでの連載につきまして

コメントや感想をくださった皆様、
ありがとうございます!
恐れ多くも、アクアの小村さんのブログでもご紹介いただきました・・・。恐縮です。

 

readmore

続きを楽しみにしていますとおっしゃってくださる方が多くて
とても嬉しく思っています。
2号め目は、Xel-Haの金子さんとコラボさせてもらいました。
この女性像連載は、ヘアデザインも全員女性スタイリストさんにお願いしています。
2号目、自分で読んでいても、すごく面白かった・・・(と、思う)笑。
5月1日の発売をお楽しみにー!

 

既に、3号目(6月号分)まで撮影は終わっておりまして、
3号目はrivageのerikoさんとご一緒させていただいています。

 

この写真はそのときの。


 

右からerikoちゃん、カメラマンの深谷さん、モデルの生山暁ちゃん
BOB編集長の(この日徹夜明けだった)森井さん(スミマセン。私がかぶっちゃった)、
増田、スタイリストのやまこ(山本さん)です。来週は、4号目(7月号分)の撮影になります。

 

はやいなあ。。。

 

 

初回はこちらですー。
お見逃しの方は是非!!

 

 


カテゴリ:Writing