2018.01.07 Sun

音声入力での原稿執筆について

昨年末から音声入力での執筆を試しています。

readmore

書籍を書くときはまだキーボードで入力していますが、インタビュー原稿などは、音声入力で執筆してみたりもしています。

 

音声での入力は、思ったほどストレスがなくて、漢字変換も自分のミスタッチとどっこいどっこいという感じで、その面は想像以上の精度です。

例えば、テープ起こしなどは、ヘッドフォンで音声をききながら英語のシャドウイングするみたいに発声して入力すれば、かなりの精度でリアルタイム変換できます。

ミス変換したところだけあとで修正すればいいので、テープ起こしにかかる時間は1/4程度になるのではないでしょうか。

 

あと、音声入力の良さは、なにより肩がこらない。腕が痛くならない。これは、私にとってはライター寿命を決めるのではないかと思うくらいの、かなり切迫した問題だったので、その点だけでもはやく音声入力に移行したいと思います。

 

 

どちらかというと、音声入力のハードルは、AI側の課題よりも、人間側の課題が大きいように思います。 キーボードを叩いているときと、言葉で話しているときの、脳の使い方の違い、でしょうか。

 

ブックライターの上阪徹さんはよく「話すように書くのがよい」とおっしゃるのですが、私はそれが昔からうまくできませんでした。私の場合、話すときと書くときは、どうやら、使っている脳の位置が違う気がするんですよね。

 

単に慣れの問題として解決するのか(勝間和代さんは毎日使い続ければ2週間で慣れるとおっしゃっていました)、それとも、音声入力にしたら文体が変わるのか。

これって、原稿用紙に文章を書いていたところから、ワープロで文章を書くようになったときの変化と、どちらが大きいのか。 そのあたりにとても興味があります。

音声入力で書かれる文章と、キーボードで書かれる文章の傾向について、研究論文などがあったら読みたいです。 ご存知の方がいらしたら、ご教授ください。

私自身も、音声入力にした場合の思考と文体の変化に関しては、もう少し使いながら検証していきたいと思います。

 

 

さらに、 誰もが音声入力で文章書くようになったときに、オフィスはどのように機能するのかにもとても興味があります。ノイズキャンセリングのヘットフォンをみんなつけるのでしょうか。ノマドのライターはどうすればいいのかな。 現在私は、外出先で音声入力の原稿を書く場合は、カラオケボックスの個室に入っています。となりからガンガン歌が流れてきても、十分自分の声だけ認識してくれます。

 

 

いずれにしても、私がライターとして活動している時代のうちに(というか、ここ4〜5年のうちに) 「キーボードをうつ(フリック入力も含めて)」という行為は限りなく少なくなると思います。

カメラマンさんの道具がフィルムのカメラからデジタルカメラになったように、原稿書く人間にとっても、音声入力は避けられない事態になるような気がしています。

OK,Googleが、思った以上に抵抗なく世の中に受け入れられていく様子を見ていてもそう感じます。

「昔は、キーボードってもんがあってね」と説明しなきゃいけなくなるような、そんな時代がきますよね、多分これ。

 

 

すでに音声入力を試して原稿書いているライターさんがいらっしゃいましたらぜひ意見交換させてください。

 

ここまでのブログは音声入力で書きました。

 

(追記)

「音声ソフトは何を使っていますか?」というお問い合わせを何人かからいただきました。

私はMacのデフォルトの音声入力を使っています。システム環境設定から音声入力と読み上げをクリックし、そこで拡張音声入力を使用をチェックします。

iPhoneの場合もデフォルトの音声入力を使っています。

 

★こちらもおすすめ

速く書くコツと、速く書けばいいってもんじゃない問題 #ライター交流会

 

★さとゆみの著作

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.06
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 11,307
道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.06
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 6,457

(いまならkindle Unlimitedで無料です)


カテゴリ:Writing

2017.12.17 Sun

「人が望む自分」を演じてしまっている女性はとても多い

日本人、とくに日本人の女性の自己肯定感というのは、世界各国を比べても最低値にちかいのだそうです。

readmore

 

『女の運命は髪で変わる』の講演では、必ず自己肯定感の話をするのですが、どの会場でも必ず、その話のときに涙を流される方がいて、
そういう方々に出会うたびに、自己受容ができない人、自分を認めてあげられない人、自信が持てない人が、本当に多いのだなあと感じています。

 

 

先週発売になったこの本『12色セラピーで悩みがすっと消える』を担当させていただきました。

 

この本のテーマもやはり、「自己肯定感」です。

 

 

 

著者の吉原峰子さんによると、 自分が心の奥底で(つまり本心で)何を考えているのかがわかるようになると、
思った以上に自分が自分をないがしろにしていることに気づける人が多いそうです。

 

 

自分がやりたいことよりも、人が喜ぶことを優先してしまっていたり、先生や親やご主人の希望する自分を演じてしまったり。

 

 

その結果、なんだかもやっとした気持ちや、将来に対する漠然とした不安を抱えている人は、とても多いのだそう。

 

 

そんな、なんとなくもやっとした気持ちを抱えた女性たちが「自分は本当はこんなことを考えていたのだ」と気づくのが、この12色の色を使ったアクティブセラピーです。

 

 

私の友人の中には、吉原さんのセラピーを受けて、今までずっと心の奥にしまっていた気持ちに気づいて泣いてしまったという人が多く、「このメソッドを本にしてほしい」という声をたくさん聞いていました。

 

というわけで、この本は、私が企画持ち込みから担当させていただいた本になります。

 

 

巻頭には、アクティブカラーセラピーが自分でできるカラーシートがついています。
占いとは全然違うのですが、自分で自分の心の奥をのぞける占いみたいなものだと思って、気軽に手にとっていただけましたら!

 

お子さんの本音を聞き出すのにもおすすめですよー。

 

 

amazonはこちらです。

 

 

12色セラピーで悩みがすっと消える ー 解決法は自分が知っている
吉原 峰子
主婦の友社
売り上げランキング: 20,944

カテゴリ:Writing

2017.08.22 Tue

できるだけ速く書かないようにしている理由

スイスに、ヨハネス・イッテンという画家でもあり、教育者でもあった人がいます。

readmore

 

ある日彼は、学生たちに、磔にされたキリストとマグダラのマリアの絵を模写しなさいという課題を与えるのだけれど、すぐに絵筆をとった学生たちに対して

「模写を始める前に、やることがあるでしょう。まずこの絵を見て、涙を流して、とても模写などできない、というのでなければ、芸術家とはいえない」

と、言うんですよね。

私は芸術家ではないけれど、最近、できるだけ速く書かないようにしてるのは、こんなことを、考えているから。

 

 
私から「原稿を書くスピード」をとったら何が残るだろうと思いながらも、最近は、できるだけ時間をかけてゆっくり書くことにチャレンジしています。


カテゴリ:Writing

2017.06.18 Sun

速く書くコツと、速く書けばいいってもんじゃない問題 #ライター交流会

昨日は #ライター交流会に登壇させていただきました。

お誘いくださったノオトの宮脇さん、田島さん、ご一緒させていただいた石黒さん、ありがとうございました。

readmore

 

私もライターになりたてのころは、ライターの先輩の話がすごく勉強になったので、裏表なく赤裸々に語りましたが「真似できる気がしなかった」「人間じゃないと思った」などの感想をいただいたので、あれ? そんなに再現性のない話をしちゃったかなあと反省しております。

私自身、初めて考えたことも多くて勉強になったので、備忘録を兼ねて、昨日お話させていただいた「速く書くコツ」についてまとめておこうと思います。

あと、昨日はうまく説明できなかったり、お伝えできなかったことも、改めて書いておこうと思います。(ライター交流会でお答えできなかったことで、あとで質問いただいたことは赤字にしました)

●だいたいの執筆速度
・3〜4万字程度の実用書なら3日(×7〜8時間)くらい 8万字くらいのビジネス書なら7日(×5〜7時間)くらい
・ウェブ原稿は、1500字くらいのものなら30〜40分くらい、3000字くらいのものなら、1時間半くらい
・ライブイベントレポートや、セミナーレポートなどは、終了後1時間半以内に納品、2時間以内にアップのペース

 

●スケジュール関連
・打ち合わせや取材などの外仕事はできるだけまとめ、予定のない日(執筆にあてる日)を週に2日くらいは確保する
→打ち合わせや取材日は平均5〜7件のアポをかためる
→そのために、スケジュールはまず相手に希望日を聞き、こちらが選ぶ
→電話は取材と原稿やデザインの込み入ったやりとり以外は、基本使わない。

・執筆にどれくらいの時間がかかるか、普段からログをとっておく
→書籍の場合は、30分おきにタイマーをかけて1時間で何文字書けるか把握しておく
→それにあわせて、締切日から逆算してスケジュールをブロックする
→書籍以外は、1本にどれくらい時間がかかったかを記録しておく

 

↑これはある書籍の執筆ログ。7万字を35.5時間で書いたことがわかる。(このときは、1時間あたり2000字弱。時間がかかったタイプの書籍)

 

・やる気を出すために、締め切りから逆算してギリギリに書き始める
→よいこは真似しないでください
→なので、速く書くけど、早くは書いてないよー

 

・メールや資料は一元管理
→SNSできた依頼も、全てメールにしてもらう
→1プロジェクト1フォルダで、メールを振り分け、管理している
→紙モノの資料は、プロジェクトごとに、封筒(資料が多いときはダンボール)を分けて全部そこに入れている。いつ入院しても、いつ死んでも、次のライターさんに引き継げるように整理されています

・流れる企画もそれなりにあるので、少し多めに仕事を入れる。
→流れる以上に、書籍の企画は、平気で数ヶ月遅れる。取材終了日が予定から数ヶ月遅れるのはザラ。だから、何月にこれを書くみたいなことは、厳密には決めていない。

 

●事前準備
・ご依頼元のレギュレーションや、ご希望を確認しておく
→雑誌の漢字の閉じ開きや、雑誌、サイトのトンマナを一覧化しておく
→雑誌時代は、雑誌でよく使われる形容詞一覧を作って分類して、それをカンペにして書いていた

・納品物のイメージにできるだけズレがないように編集さんと何度も話し合う
→書籍の場合は、著者さんの著作だけではなく、編集さんのこれまでの書籍も読んでおく
→イメージする方向性を共有するために、「棚デート」(書店に一緒にいってベンチマークする書籍をチェック)することもある
→ウェブのインタビュー取材など(数千字)では、インタビューが終わったあとに、駅まで歩く間にざっくりとした構成の相談をする。(この話を核にしたい、あの話は落としますよね? みたいな)

・構成は、テープ起こしを元に、必要要素を200〜300程度書き出して付箋に印刷、同じカテゴリーのものを集めて分類し、目次案を作る
→ウェブなどの取材など(数千字)でも、この構成案を作ってから書く(だいたい10要素くらい、付箋に書き出し、並べる順を決めてから書く)

 

●書いている間
・私の場合は、睡魔が一番の敵なので、眠らない場所を探し求めて書いている
→新幹線の中、飲み屋で、お風呂の中で。(友人と旅行に行った時などは、飲み会に参加しながら書いていることもあります)
→可能な場合は、出版社さんの会議室などをお借りして、集中して数日書かせていただくことも

・中断するときは、キリの「悪い」ところで中断する
→たとえば、一文の途中などでやめておけば、次に再開するときにすぐ書き始められるから

 

●書き終わったら
・誤字脱字は、プリントアウトする、縦書きにして読む、スマホで確認するでチェックする
→スマホ画面でチェックすると、誤字脱字に気付きやすい

・原稿から漏れてしまったエピソードは箇条書きで一覧にして、それも一緒に編集さんに渡す
→あとで復活する可能性があるので

 

●その他

・とはいえ、毎日取材+書くことに追われていると、新しい企画が進行しないので、定期的に企画を持ち込むようにしている
→企画書が書き上がる前にアポをとって、自分締め切りを作ります

・原稿のギャラ交渉はしない
→書籍は印税でもらう、ということだけを決めていて、割合は交渉しません。ただし、執筆に入る前に、条件面はフィックスしていただきます
→いい編集さんは、ギャラ面でもライターに無理をさせたりしないので、基本、お値段は編集さんにお任せしています

→ギャランティに関しては、質問をたくさんされたのですが、過去こんな記事を書いているので、よろしければご参考までに。

その仕事のギャラはいくらなのか
→講演は誰から依頼されてもお値段一律(ギャラ交渉する時間がもったいないので)。値切られる場合はお断りし、高かったら下げてもらう

・集中力のキープの仕方は、私が知りたい
→とにかくいつでもダルいし、眠いので、集中するための何かいい方法があったら、教えてもらいたいです
→私の場合は、いまのところ、寝られない場所に行く、という方法で乗り切っています
→ライター交流会に参加していた夫が、同じグループのライターさんに「あの人、ほんといっつも寝てるんですよ」と言っていたらしいですが、本当です。毎日2時間午睡(シエスタ)をとっています。
→締め切りだけが原稿を書くモチベーションなので、締め切りがない原稿は、一生書けないと思う

 

●最後に
今回は速く書くコツというテーマだったので、それについてお話しさせていただきましたが、実は、いま私がトライしているのは「速く書かないようにする」「考えながら書く」「読みにくい部分を原稿につくる(すらすら読めない原稿を書く)」ことだったりします。
速く書けるのは才能のひとつだけれど、それは解像度が低いからとも言えると先輩のライターさんに指摘されたからです。

私の書く文章は、読みやすすぎる、とよく言われます。

それはひとつの特徴なのですが、いまは、できるだけひっかかりのある文章を書こうと意識していて、物理的な執筆速度も落とすようにしています。
なので、来年以降は、執筆の本数を7割くらいまでに減らそうと思っております。

それについてはまた、いつか書こうと思います。

(この文章は2816文字、48分で書きました)

 

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 17.06.18
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 4,057
女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.06.18
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 3,927

 

 

 

★この記事もおすすめ
その仕事のギャラはいくらなのか
著者になるということ


カテゴリ:Writing

2017.06.13 Tue

「女の運命は髪で変わる」がオーディオブックになりました

大学時代、目の見えない人たちの朗読劇の劇団に所属していました。
単発も含めて4つの劇団をはしごしていた私ですが、この朗読劇の劇団が一番長く関わっていました。

readmore

練習後のご飯のとき、まずは目が見えるメンバーがメニューを全部読み上げて、オーダーを集約したりするのが新鮮でした。

聴覚と嗅覚が優れている人が多くて、すごく遠くでちょっと咳をしただけで「あ、ゆみちゃんがきた」と言われたり、香水を変えたら「誰だかわからなくなっちゃうから、ずっと同じ香水つけていてくれたほうが嬉しい」と言われたりもしました。
私が20歳のときから、ずっと同じ香水を使い続けているのは、そういう理由。いつか街ですれ違ったときにも、わかってもらえるように。

 

で、そんなメンバーに頼まれて、「この本が読みたい」とリクエストがあった本を読んで、カセットテープ(!)に吹き込んだり、ということをときどきしていました。
世の中の書籍で、オーディオブックになっている本は限られています。話題作を今、音読されたもので聞きたいと思っても、なかなか手に入りません。(実は最近、kindleに読み上げ機能があることを知りましたが、これはまた別の話)

 

だから、「女の運命は髪で変わる」が出た時、いつか、オーディオブックになったらいいなあ、あの劇団のメンバーにも聞いてもらいたいなあと思っていましたが、今回、それが叶いました。

とても嬉しいです。

 

そんな話をしたら、実は、このオーディオブックを作ってくださっている会社の社長さんも、ご自身のお父様が目が弱くなったときに読書ができないのを嘆いてらっしゃったことをきっかけに、オーディオブックの事業を立ち上げられたときいて、とても感銘を受けました。

 

 

 

本編の最後には、私からのメッセージも収録させていただきました。
書籍では書けなかったことなどもお話ししているので、よかったら聞いてください。

 

活字を読むのが苦手な方や
車通勤が長い方などにもオススメです。

女の運命は髪で変わる、ぜひ、聞いてくださいませー。

『女の運命は髪で変わる』オーディオブック

 

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.06.13
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 2,420

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 17.06.13
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 2,965

カテゴリ:Writing

12345...34