2018.03.26 Mon

東京に戻りました。

1年前の今日、MINXの故鈴木三枝子さんについて書かせていただいた『道を継ぐ』が刊行されました(と、Facebookが教えてくれた)。

 

readmore

もうすでに自分が書いた本という意識はほとんどなくなっていて、私にとっても、折に触れて読み返すバイブルになっています。

 

この本は不思議な本で、
調子に乗っているときに読むと戒められるし、
落ち込んでいる時に読むと励まされるんです。

 

 

あと何より、もっと明るくもっと自由にいこうって思える。
人生の短さと、短くても余りある豊かさを教えてもらえる。

 

 

前を向こうとか、信じようとか、笑い倒そうとか、いいところをみようとか、美味しいもの食べようとか、もっとめっちゃ愛そうとか。

 

 

この本を開けば、自分に足りなくなった栄養素がすーっと心に染み込んできて、幸せで大切なことで体いっぱい満たされる、というか、そういうものは、ちゃんと自分の周りにすでにある、そんな感じがするんです。
つい昨日も、東京から1000キロ以上も離れた土地で、偶然お会いした70歳の男性の方に、この本を読んだよと言われ、涙が出るような感想をいただきました。

 

 
amazonだけではなく、たくさんの方が自分自身に引き寄せたレビューを書いてくださっていて、みなさんものすごく前向きな読後感を持っていただいているのも、鈴木さんのポジティブなオーラが、降り注いでいるからなんじゃないかなって思います。

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.03.25
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 26,356

 

 

先日は、本の中の、鈴木さんのこんな言葉に出会いました。

 
「辛いときほど、仕事に出なさい。仕事がお前を救ってくれる」

長らくお休みいただいておりましたが、東京に戻ります。
リスケいただいた皆様、仕事をかわってくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

明日からまた、張り切って働きます!


カテゴリ:Writing

2018.03.11 Sun

美容師さんこそ、人材教育の最先端をいっている『若手を動かせ』(中村トメ吉さん)

取材、構成を担当させていただいた、OCEAN TOKYO中村トメ吉さんのスタッフ教育本、『若手を動かせ』が発売になりました。

readmore

 

OCEANさんは、創業4年目にして、美容業界のレコードを次々塗り替え、入社試験の整理券を配る日には、原宿に大行列ができるのがニュースにも取り上げられているような美容院です。

 

 
 
私は日頃から、日本で一番人材教育の最先端をいっているのは美容業界だと思っていて、だから、美容師さん発の人材教育の本が一般の書店に並ぶことは、なんといいますか、もうね、自分の子供が生まれたとき以来くらいの嬉しさがありました。

 

この本に関しては、書きたいことがあふれすぎて、なかなかアップすることができず、我ながら錯綜してました・・・。
その中で、ひとつ、本ができるまでのエピソードをお伝えできればと思いまして、それを書きます。

 

今回、トメ吉さんについてスタッフの皆さんから、「トメ吉さんはどんな上司ですか? どんな影響を受けましたか?」とお話を伺いました。

 

 

まず、共同経営者の髙木琢也さんの言葉に心が震えました。

髙木さんは、美容業界では知らない人は一人もいないと思いますが、日本に50万人いると言われる美容師の中で、売り上げもコンテストでも、憧れる美容師ランキングでも日本一になっている方です。
当然、分刻みで仕事をされていて忙しい方なので、1時間だけなんとか時間をとってトメ吉さんについてお話を聞かせていただけないでしょうかといったところ、「トメのいいところを1時間なんかじゃ語れない」と、3時間もお時間を作ってくださいました。「トメは口下手だから、俺がちゃんと話さないと」って・・・。

 

 

つい先日、私は髙木さんのヘアショーを拝見したのですが、過去見たどんなショーよりも、人を高揚させるショーでした。子宮に響くっていうのはこれかって思ったくらいです。
でも、1万人を魅了できる髙木さん自体、もともと「人前には出たくない」というタイプだったそうなんです。

髙木さんのスター性を見抜き、「たくさんの人に夢を与えるために、ステージに立ってほしい」と説得し背中を押したのがトメ吉さんだったのだとか。
美容業界に高木琢也さんという希代のスターを生み出し、彼の姿を見て、あんなかっこいい美容師になりたいと思う学生さんを大量に発掘してくれたことひとつとっても、トメ吉さんが業界に与えた影響は計り知れません。

 

髙木さんは3時間、トメ吉さんについて語ってくださってなお、「まだ足りない。トメのすごいところはまだたくさんある」とおっしゃってサロンにお戻りになりました。

 

 

髙木さんだけではありません。お話を聞かせてくださったスタッフさんも、
「自分の夢を初めて否定しなかった大人」
「前の美容院では仕事が嫌いで嫌いで仕方なかったのに、ここでは毎日楽しすぎる」
「中村さんが自分を育ててくれたように、僕もスタッフを育てたい」
「中村さんを超えることが恩返しだと思っている」
などと、語ってくれました。
みなさん、お話させていただいたあとにも、メッセージやLINEをくださり「中村さんの本ために、もっと役に立てることがあったらいつでも言ってください」と、ご連絡くださいました。
先日のトークイベントには、もう一人の代表である三科さんが、奥様と一緒に駆けつけてくださいました。

本が発売になってからは、スタッフの皆さんが自分の言葉で、この本を読んだ感想や、トメ吉さんにうけた影響などを語ってくださっています。

こんなにも、若い人たちから慕われる社長って……。

 

 

昨日、たまたまTwitterで、こんなコメントを見かけました。多分、20代の人が投稿したtweetじゃないかと思います。

 

頑張ったご褒美にご飯連れて行ってあげる
なんで頑張ったあげくにおっさんと飯いかなならんのですかねー⁈
罰ゲームか!!!

 

 

悲しいけれど、こんなふうに思っている若い人は多いのかもしれません。最近も「後輩にうざさられたらと思うと、飲みに誘うこともできないんだよね」と言っていた友人がいました。
でも、オーシャンの皆さんは、誰もが「自分からトメ吉さんにのみに連れてってほしいとお願いする」と言っていました。
トメ吉さんも、スタッフの相談事にいつでものれるように、週の半分は予定を入れずに、あけているそうです。

 

 

 

「美容師の仕事は髪を切ることではなく、お客様に自信を与えること。お客様の背中を押してあげること」
「そのためには若いスタッフたち、自分自身がかっこよく、輝いていないといけない。スタッフが生き生きと楽しく、そして情熱を持って働ける環境を作るために一番時間を使ってきた」

50時間以上にわたる今回の取材の中で、著者のトメ吉さんが、100回くらいおっしゃっていたのが、上の言葉です。

 

「若手を動かせ」は、20代のスタッフさんの心とどう向き合い、どう育てて行くかという本ですが、スタッフさんたちの情熱あふれるメッセージを毎日受け続けたこと自体が、トメ吉さんが、真の人材教育者なんだということの証明のように感じました。

 

 

美容師さんが書かれた「人材教育」についての本が、業界を超えて、たくさんの人に届いてほしいなと思います。
そして、トメ吉さんが心から願う「若手が生き生きと夢を語って働ける世界」が実現してほしい、そんなふうに思っています。
そういう若い人たちの夢を、つぶさない。応援する、守る。そういうことが、私たち大人世代の使命なんじゃないかって思うんです。私はもう、いい大人世代だから、これからそういう仕事をしたい。その第一歩目が、この本になります。

 

書店さんでは発売初日に完売店が相次ぎ、Amazonでもずっと総合30位から40位台を行き来しています。

 

 


書店さんで見かけたら、ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

若手を動かせ

若手を動かせ

posted with amazlet at 18.03.10
中村トメ吉
エイ出版社
売り上げランキング: 41

 

 

 


カテゴリ:Writing

2018.02.26 Mon

42歳になりました。と、ちょっとしたご報告と抱負

42歳になりました。と、ちょっとしたご報告と抱負

readmore

最近はもっぱら、OCEAN TOKYOの中村トメ吉さんのこの書籍『若手を動かせ』にどっぷり浸かりきっておりました。

 


美容業界の人には「PREPPY」さん、「MEN’S PREPPY」さんでおなじみの枻出版さんが、50年の歴史の中で初めて出される、一般向けのビジネス書ということで、企画、立ち上げの段階からご一緒させていただきました。

 

OCEAN TOKYOは創業たった4年で、日本の美容業界のあらゆるレコードを塗り替えたサロンさんです。入社説明会の整理券を手にいれようと徹夜で並ぶ学生の列がニュースになったりしている企業です。
80人の社員の平均年齢は23.8歳。そのオーシャンの若手たちの情熱に火をつけ、爆速で成長させ、頼もしいリーダーたちに育てていったのが、トメ吉さんです。

 

 

トメ吉さんの話を聞き、そして熱くキラキラ輝いているOCEANの若手のみなさんを見ていると、「最近の若者は冷めているし、やる気もない」と感じるならば、それは単に自分が、その若手に信用されていないというだけのことなんだなと思わされました。

で、同時に、この取材の最中、私自身にもいろんな心の変化がありました。
それは、そのまま42歳になった自分の抱負でもあるな、と思ったので、ここに書いてみようと思います。

 

 

 

 

「強くなりたい」「とにかく強くなりたい」と思ってこれまで生きていました。
悟空みたいに、それはそれは真面目にコツコツ修行してきました。

 

教えることより学ぶことが好きでした。
与えることより得ることに貪欲でした。

 

でもここ数年、そうやって手に入れた武器で、わたし一体、誰を守りたいのか、何と戦おうとしてるのかってことを考えるようになったんですよね。

 

 

トメ吉さんと出会い、そのあたりが、明確になりました。
「若手が輝ける環境を作りたい」というトメ吉さんの言葉を聞いて、私も、もう一回、美容の現場に戻ろうと決めました。

 

「撮影現場に立つのはやめ、これからは活字だけで生きていきます」と宣言して3年経ちましたが、撤回します。
もう一度、美容業界で、影響力のあるビジュアル作りに関わりたいと思いました。もう一度、現場に戻らせてください。

 

 

美容業界で育ててもらって、いい歳の大人になりました。
これからは
「こうなったら最高だと思わない?」
とか
「本当ならこういうものを作りたいよね」
というものを、「ほんとうに」実現できる大人になりたい。

 

 

綺麗ごとを堂々と口にして、それをちゃんとまかり通せる大人になりたい。
そのために、かめはめ波も撃てるように練習して来たし、仙豆も手にいれたんじゃないか。

 

 

なんてことを、思って過ごした誕生日でした。

 

 

 

3年前には、5年前には通らなかった美容業界での企画を、いくつか通してもらいました。

今年は書籍のライターとして、そして、美容業界での編集者として、それから一人の書き手として、全分野で爆走したいと思います。

 

 

先ほど公開された、最終回のQJナビさんでの連載、「さとゆみの美容師列伝」でも、トメ吉さんのこと、それからこれから私が美容業界でやりたい仕事について書かせていただいています。よかったら読んでください。

 

中村トメ吉さん。ヘアライター佐藤友美がみた”美容師列伝” 最終回「革命を起こす人」

 

 

トメ吉さんの書籍は、全国の書店さんで、3月8日に発売になります。一人でも部下のいる人には、本当にオススメです。

amazonでも予約中です。(発売前からランキング急上昇で、ドキドです……)

 

 

 

若手を動かせ

若手を動かせ

posted with amazlet at 18.02.26
中村トメ吉
エイ出版社
売り上げランキング: 614

カテゴリ:Writing

2018.01.25 Thu

私レベルのメイク苦手な女子と、撮影のためのメイクを知りたい美容師さん、に読んでほしい

この仕事をしていて嬉しいなあと思うのはやはり、担当させていただいた書籍の重版のお知らせを聞くこと。そして、担当させていただいた書籍が、いろんな国の言葉に翻訳されて、新しい命をもらうこと。この1月は、そんなご連絡をたくさんいただき、とても幸せな毎日でした。

readmore

この書籍は、発売からもう2年近く経っていますが、またまた重版のお知らせをいただきました。やったーーーーー!!!

 

メイクというのはこだわればどこまでもこだわれるものですが、正解がわからないものでもあり、とはいえ、女であれば必ず対峙しなくてはならない相手です。

このメイクについて、いったん、暫定解でもいいので、自分にとって正解と思えるものを持ってるか持ってないかは、かなりQOLに関わる気がします。

 

私は40歳になるまで、ファンデーションもお粉も使ったことのない女でしたが(クレンジングも使ったことなかったし、綿棒の使いかたはこの本の取材で初めて知りました)、昨年この「女子アナメイク」の取材を担当させていただいたことで、これだけすればとりあえず最低限失礼にはならないというメイクを教えていただき、文字通りQOLが上がりました。

 

 

テレビや雑誌の取材をいただく時も、自分でメイクをしていますが、タッチアップをしてくださるプロのメイクさんにも、「さとゆみさんはベースが正しいメイクをしてるので、直しが楽です。どこかで習ったんですか?」とよく聞かれます。

 

 

メイク嫌い(というか、メイク経験ほぼ中学生レベル)の私に、最低限のリテラシーを教えてくださったのは、この本の著者の宮澤さんです。現役の女子アナはもちろんのこと、女子アナを受験する人たちのほとんどが在籍するという学校で長年メイクを教えてらっしゃるヘアメイクさんです。

 

 

本に載っているメイクは、たったの1パターン。1パターンのために、全ページ全力で解説をしています。
1パターンだけ?って思うかもしれないけれど、この1パターンができれば、絶対メイクは怖くなくなります。

私もメイクが嫌いで苦手で、人生のほとんどをすっぴんで過ごしてきましたが、1つできるようになれば、苦手意識で人の顔をまっすぐ見れないとか、なくなります。

 

メイクに関しては、今は、いろんなパターンを試してみたいな、って思えるくらいには成長しました。
そんな女子アナメイク本。

もちろん、メイク好きの女子が最後にたどり着く結論本としても評価が高いのですが

私みたいな、メイク偏差値30のみなさんにも、最終兵器として、おすすめです!!!!!!!!!

あと、撮影用のメイクを知りたい美容師さんにも! これが、基本中の基本なので、これを知っていると、全部の撮影に応用効くと思います。

amazonでも買えまーす。

 


カテゴリ:Writing

2018.01.07 Sun

音声入力での原稿執筆について

昨年末から音声入力での執筆を試しています。

readmore

書籍を書くときはまだキーボードで入力していますが、インタビュー原稿などは、音声入力で執筆してみたりもしています。

 

音声での入力は、思ったほどストレスがなくて、漢字変換も自分のミスタッチとどっこいどっこいという感じで、その面は想像以上の精度です。

例えば、テープ起こしなどは、ヘッドフォンで音声をききながら英語のシャドウイングするみたいに発声して入力すれば、かなりの精度でリアルタイム変換できます。

ミス変換したところだけあとで修正すればいいので、テープ起こしにかかる時間は1/4程度になるのではないでしょうか。

 

あと、音声入力の良さは、なにより肩がこらない。腕が痛くならない。これは、私にとってはライター寿命を決めるのではないかと思うくらいの、かなり切迫した問題だったので、その点だけでもはやく音声入力に移行したいと思います。

 

 

どちらかというと、音声入力のハードルは、AI側の課題よりも、人間側の課題が大きいように思います。 キーボードを叩いているときと、言葉で話しているときの、脳の使い方の違い、でしょうか。

 

ブックライターの上阪徹さんはよく「話すように書くのがよい」とおっしゃるのですが、私はそれが昔からうまくできませんでした。私の場合、話すときと書くときは、どうやら、使っている脳の位置が違う気がするんですよね。

 

単に慣れの問題として解決するのか(勝間和代さんは毎日使い続ければ2週間で慣れるとおっしゃっていました)、それとも、音声入力にしたら文体が変わるのか。

これって、原稿用紙に文章を書いていたところから、ワープロで文章を書くようになったときの変化と、どちらが大きいのか。 そのあたりにとても興味があります。

音声入力で書かれる文章と、キーボードで書かれる文章の傾向について、研究論文などがあったら読みたいです。 ご存知の方がいらしたら、ご教授ください。

私自身も、音声入力にした場合の思考と文体の変化に関しては、もう少し使いながら検証していきたいと思います。

 

 

さらに、 誰もが音声入力で文章書くようになったときに、オフィスはどのように機能するのかにもとても興味があります。ノイズキャンセリングのヘットフォンをみんなつけるのでしょうか。ノマドのライターはどうすればいいのかな。 現在私は、外出先で音声入力の原稿を書く場合は、カラオケボックスの個室に入っています。となりからガンガン歌が流れてきても、十分自分の声だけ認識してくれます。

 

 

いずれにしても、私がライターとして活動している時代のうちに(というか、ここ4〜5年のうちに) 「キーボードをうつ(フリック入力も含めて)」という行為は限りなく少なくなると思います。

カメラマンさんの道具がフィルムのカメラからデジタルカメラになったように、原稿書く人間にとっても、音声入力は避けられない事態になるような気がしています。

OK,Googleが、思った以上に抵抗なく世の中に受け入れられていく様子を見ていてもそう感じます。

「昔は、キーボードってもんがあってね」と説明しなきゃいけなくなるような、そんな時代がきますよね、多分これ。

 

 

すでに音声入力を試して原稿書いているライターさんがいらっしゃいましたらぜひ意見交換させてください。

 

ここまでのブログは音声入力で書きました。

 

(追記)

「音声ソフトは何を使っていますか?」というお問い合わせを何人かからいただきました。

私はMacのデフォルトの音声入力を使っています。システム環境設定から音声入力と読み上げをクリックし、そこで拡張音声入力を使用をチェックします。

iPhoneの場合もデフォルトの音声入力を使っています。

 

★こちらもおすすめ

速く書くコツと、速く書けばいいってもんじゃない問題 #ライター交流会

 

★さとゆみの著作

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.06
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 11,307
道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.06
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 6,457

(いまならkindle Unlimitedで無料です)


カテゴリ:Writing

12345...35