2014.08.20 Wed

今日笑ってない人は、10年後も笑っていない

40歳を過ぎると、肌がたれてくるので、口角が下がってくる。

 

readmore

だから、アナウンサーさんとか、女優さんとかをのぞくと、ほとんどの人が、口角が下がっているんだけれど、

数少ない、40代なのに「常に口角が上がっている人」が、数多くの有名ヘアサロンを手がけていらっしゃる、インテリアデザイナーの小澤さんです。

 

 

そんな小澤さんが、先日、美容師さんたちの勉強会、「HAZAMA会」で言ってらしたことが印象的で、

 

「今日、笑っていない人は、10年後も笑っていないと思う」という言葉でした。

 

私自身の人生観もかなり、小澤さんの言葉に近くて、

 

10年後のために、今は歯を食いしばって耐えろというのは、一見真実のように見るけれど

 

でも、笑っていない今日、笑っていない明日、笑っていない明後日を繰り返した先に、10年後に笑える日がくるとは、やっぱり思えない。

 

ただ、それは、楽して良い思いをしようというのとはちょっと違って、夢をかなえるまでのプロセスも楽しくないと、その人生、結局楽しくないんじゃない? って思うから。

 

だから、毎日、忙しくても楽しいと言える日を重ねることは、すごく大事。

 

そんな小澤さんのメッセージは、とても響きました。

 

 

今日笑ってない人は、10年後も笑っていない

10年後笑いたいなら、今日も笑っていなきゃいけない。

 

 

今日も、今日とて。そんな毎日の、積み重ね。

 

 

 

10390047 724977704216993 5840990462026520057 n

 

見にくいけれど、一番右の垂れ目で良く笑っている方が小澤さんです。

 

死のシミュレーション

「毎日を人生最後の日であるように生きてみたとしよう。(やがていつかは必ずその通りになるのだから)」


カテゴリ:Thinking

2014.07.24 Thu

鈴木三枝子さんの七回忌

私は、気づいたことを本音で話す人を親切だと思うし、お世辞を言う人は不親切だと思う。

 

自分が好かれることを脇によけて、何かを助言することを選んでくれた人は、とても親切な人だと思うし、私もそうありたいと思っている。

readmore

  
今まで私が出会った人のなかで、一番親切だと思った人は、鈴木三枝子さんです。

 

 

 

 

私が作ったページに、はっきりと、強烈に、私の目をまっすぐ見ながら批判をしてくださったのは、後にも、先にも、鈴木三枝子さんだけだった。

 

新しい誌面ができると、泉岳寺に眠る鈴木さんに見てもらいにいきます。

 
今度のページ、どうですか? と問いかけても声は聴こえないのだけれど、鈴木さんに見てもらうことは、私にとって大事な儀式です。多分、天国で、いろんなことをおっしゃって下さっていると思う。
 

誰にバレなくても、手を抜いた仕事は自分にバレる。そして、鈴木さんにもバレる。

 

誰に伝わらなくても、こだわり抜いた仕事は自分がわかっている。そして、鈴木さんにもわかってもらえている。多分。

 
昨日、MINXの鈴木三枝子さんの7回忌の法要で、鈴木さんの映像を見る機会があり、久しぶりに鈴木さんの声を聞かせていただいた。

 

96aadb739de7c767a588160d06d3efb3 274x300

 

 

 

こういうとき、鈴木さんだったら、なんて言うだろうと思いながら生きていることは、私の人生にひとつの芯を与えてくれていると思う。

 

 

困ったときには、深呼吸をしてから、聴いてみる。「鈴木さん。鈴木さんだったら、どうしますか?」

 

もう、声は聴こえないので、正解はわからない。

 

 

今日も。

 

鈴木さんだったら、何をおっしゃるだろうと考えながら話をしていた。

 

 

 

もう、声は聴こえないので、鈴木さんのコメントは聞けない。

 

 

だけど、鈴木さんだったら、何をおっしゃるだろうと、今日も思いながら生きていることが、多分、今の自分をつくってくれた。

 

 

生きている証とか、生きてきた証、とかいうことって、そういうことじゃないか?

 

 

残された人たちの心にどれだけ爪跡を残しているか。

 

 

鈴木さんが、私に、そうしてくれたように。

私も、そういう生き方をしたい。

 

 

【関連記事】

鈴木三枝子さんのマンガヒストリー

死のシミュレーション

無題


カテゴリ:Thinking

2014.07.15 Tue

命の香り

セミナーで遠出をしたとき。

 

帰りのフライトまで時間があるときは、なるべく一人でふらっとする。

readmore

3633

 

ふーっと空気が肺の奥底まではいってきて、なんか、久しぶりに深呼吸をしたような気持ちになる。

 

次のアポのことや、息子氏のおむつのことや、原稿の〆切のことなどを、いつも頭の片隅においているときには開かない扉が、一個あいて、そこに空気が流れ込むような感じがする。

3608

前にきたときには食べられなかった海人カレー。毎日食べたくなるほど、美味しい。

3609

ぶくぶく珈琲。一度目のときとは違う味がしたような気がした。

 

こんなふうに、セミナーを終えて、ほっとして、ふわっと時間を過ごしているとき。

 

なぜかいつもすごくすごく好きだった人。そして、もう会えない人のことを思い出す。いつも、いつも。

 

3632

例えば、やはり、タクシーを飛ばして行った天保山のサントリーミュージアムでは、鈴木三枝子さんのことを思い出していたし、JBCAの帰り道にふと思たって立ち寄った京都では植村さんのことを思い出していた

 

S 1056778

今日もやっぱり、もう会うことができない人の顔がふっと浮かんで、暑いんだけど、なんかすっと寒いような寂しいような気持ちで街を歩いていた。

 

 

 

知らない街を歩いているときに、どうして、亡くなってしまった人のことを思い出すんだろうと考えてみたんだけれど

S 1056779

それはひょっとしたら、「ああ、私、この景色を見るのは最初で最後かもしれないな」、って思うからかもしれない。

 

その一期一会感。

 

見慣れた東京の街は、明日もきっと、多分明後日も通る道なんだけれど

 

知らない街の、なにか素敵な景色をみたときには「でも、きっとここに来ることは多分、もうないんだろうな」って思って、きゅっと切ない気持ちになる。だからたぶん、同じようにもう会えない人たちのことを思い出すんだろう。

3631

 

 

でも、よくよく考えると、見慣れている東京の道だって、明日も明後日も同じように通れるとは限らなくて。本当はどんなときでも一期一会なんだって気づく。

 

 

「明日も明後日も、明日がくる」って、漫然と思っている自分に、なにかひとつ、くさびを打ってくれる。それが、旅先での時間なのかもしれないって、そう思った。

 

 

ただいま、東京。明日も頑張ろう。

 

【関連記事】

「毎日を人生最後の日であるように生きてみたとしよう。(やがていつかは必ずその通りになるのだから)」

死のシミュレーション

 

 

 


カテゴリ:Thinking

2014.07.13 Sun

絶対に失客したくないお客様は誰ですか

この間のセミナーで考えてみたワークです。

 

大好きなお客さまはいますか? 絶対に絶対に失客したくないお客さまはいますか? その人の顔を思い浮かべてみます。

 

readmore

もし、そのお客さまが、他のサロンにいくことを迷っているとしたら、どうしますか。

 

 

明日、そのお客さまがサロンに予約を入れてくれています。ひょっとしたら、その人が自分のところに来店するのは、それが最後かもしれません。そのお客さまに、何をしますか。今までしてこなかったことで、できることはあるでしょうか?

スクリーンショット 2014-07-13 1.41.35

 

ひと晩考えて、あなたは、できるだけのことを、そのお客さまにしました。大切な大切なお客さま。あなたは、できる限りのベストを尽くすと思います。

 

 

 

さて。

 

 

そのとき、あなたが、その大切な1人のお客さまのために、何かできないかと考えたこと、何かしようと思ったこと、実際にしたこと。それらを……。

 

 

 

明後日、2人のお客さまにできるとしたら。1週間で5人のお客さまにできるとしたら。1ヶ月後、10人のお客さまにできるとしたら。1年後、100人のお客さまにできるとしたら、5年後、全てのお客様にできるとしたら……。

 

 

 

お客さまに支持されている美容師さんは、おそらく。そんなことを考えて、毎日を過ごして入いるんじゃないかなって。そう、思います。

 

 

一期一会。

 

 

 

 

フリーランスで仕事をしていると、「この仕事がこの人との最後の仕事になるかもしれない」という危機感が常にあります。全ての現場、100%をそう思えているかというと、それはやはり甘いところがあるかもしれない。

 

でも、私にもやはり、絶対に失客したくないと思う仕事相手がいます。1年後も5年後も10年後も一緒に仕事をしていたい。そのために、今、自分ができることは何だろうということを、いつも必死で考え続けています。

 

 

その人の成長速度においていかれないように。いつまでも対等に意見交換ができる自分でいられるように。ステップアップし続けていけるように。

 

 

そう思える、大切な人が、いるから、だから、頑張れる。まだ、できることはあるはずだって思う。

 

 

たとえば、この人とか。ね。

 

10513438 712751538772943 2765166082789444340 n

U-REALM 高木氏。

 

 

そんな話をした、夜でした。

 

くそ、まだまだ、だな。

 

【関連記事】

もっと負ける勝負をしないとダメだ。多分。

仕事人生のほとんどは失客の歴史です

 

 


カテゴリ:Thinking

2014.06.30 Mon

「毎日を人生最後の日であるように生きてみたとしよう。(やがていつかは必ずその通りになるのだから)」

一年の半分を終えるこの日、多分、食あたりと思われる胃痛で悶絶していた私です。

 

半年間、あっという間だったような、長かったような。走ったような、休んだよな。目標は一部達成できたけど、達成できなかったことも多かった。

 

皆さんはどうでしたか?

 

readmore

  
あまりにも有名な一節ですが

 

スティーブ・ジョブズ氏が、スタンフォード大学の卒業生に送ったスピーチの中にこんな言葉があります。

 

「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」

 

fitnessjog

 

この間、このスピーチをはじめて全文、ジョブズ氏の声で聴きました。

 

スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学スピーチ

 

そして、これを聴いて、初めて知ったんだけど、この名言って、ジョブズ氏が17歳のときに聞いた下記の言葉に続く一節なんですね。

  
When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.”
 
(17歳の時、次のような一節を読んだ。「毎日を人生最後の日であるように生きてみたとしよう。やがていつかは必ずその通りになるのだから」)

 
 
そして、くだんの名言へと続くわけです。

 

It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.
 
(すごく印象に残ったので、それ以来私は、33年間、毎朝鏡を見て自問している。「今日が人生最後の日だとしても、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」。そしてその答えがNOである日が長く続くとしたら、私は何かを変える必要があると思った)
 
 

このスタンフォードでのスピーチは、ジョブズ氏に膵臓がんが見つかって、治癒不能と言われてから、奇跡的に手術でとりきれるタイプのがんだったことがわかり、退院してきた1年後くらいのスピーチです。

 

そういうことを考えながらこのスピーチを聞くと、すごく感慨深いものがあります。

 

この6年後に56歳で亡くなった彼は、その後も毎日、今日が最後の日だったらと問いかけながら生きてきたんだろうと思う。そうである人生と、そうではない人生の差は、きっとすごく大きいのだろうな、とか。
   
 
 
 
別の話をします。
  
以前、下田美咲ちゃんのブログで、こんな文章を見つけました。

 

今日から、来年死ぬ前提で生きることにしよう。今以降のこと考えなかったら、今、もっと平気で食い下がれるようになるよね。来年も再来年もその先もあると思うから、色々、気を使ったり、面子守ったりしようとするわけで

 

 

美咲ちゃんが言うように、365日後に自分の命がないという前提で生きようと思うと、確かに、やりたいこと、やらなきゃいけないことって、整理されるように思う。恥ずかしくてできないということも無くなる。少なくても、今取り組んでいるいくつかのプロジェクトは仕分けされるな、と感じた。

 

 

 

3つめの話。

 

今日、ある人の急逝を知りました。
 
以前からずっと好きで、1か月に1回、まとめて全てのブログを読んでいた、北九州の開業医の先生。面識はなかったのだけれど、いつか、インタビューをさせていただきたいと、1年以上フォローしていました。

 

今日、その企画書を書こうとしてブログを開いたら、お亡くなりになったのを知った。亡くなる直前まで、アメリカの学会で発表をされていたようでした。息子さんが「戦場で立ったまま死んだ侍のようでした」と綴ってらっしゃいました。

 

昨年、ちょうど北九州で調子を崩したとき、先生の診療を受けてみようと思って予約まで入れたんだけど、早いフライトがとれたので、ドタキャンしてしまったことを大後悔しました。

お若い先生だったのに、人生、何がおこるか、本当にわからない。

 

 

ジョブズのスピーチと、美咲ちゃんのブログ、それからお慕いしていた先生の急逝。いろいろ考えながら、2014年上半期の最後のブログを書いています。

 
「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」
 
「毎日を人生最後の日であるように生きてみたとしよう。やがていつかは必ずその通りになるのだから」

 

 

普段は忘れがちのことを、これからもっと意識していこうと思った。2014年、半分おわったところで。

 

【関連記事】
死のシミュレーション

有限な人生で何を「取」り何を「捨」てるのかとか


カテゴリ:Thinking

1...23456...28