2018.01.14 Sun

世の中そんなに変わらない。『格闘するものに◯』(三浦しをん)_036

ある小説家の方の本を読んで、面白いなぁと思うことがたくさんあるけれど、この人の他の作品も読んでみようと思うまでになるかというと、そこには深い川が流れていて、なかなか2冊めに手がのびることは多くなかったりします。

 

readmore

 

三浦しをんさんは、昨年「風が強く吹いている」が初めてで、他の本も読んでみたいと思った作家さんでした。

 

というのも、この方の小説の素材の集め方が気になったからです。

「舟を編む」を先に購入していたのですが、ある人に「格闘する者たちに⚪︎」がいいよと言われて先にこちらを読んでみることにしました。こちらが24歳の時に書かれたデビュー作だそうです。

 

この本は、三浦さん自身の就職活動の経験をもとに書かれているらしく、私は三浦さんと同い年なので、ひょっとしたらどこかの出版社の試験会場でご一緒していたのかもしれないなあと、思いながら、そうだった、そうだった、こんな感じだったって気分になりました。

 

 

人の価値観が大きく動くときは

家族が死んだとき

子供が生まれたとき

転職(就職)を考えるとき

だと聞いたことがあります。

 

 

この3つめの題材における心のゆるやかな微動を、日常のなかでしとしとと書くことができるのって、一番難しいことだなあと感じます。

 

ご自身は、こういうものを書きたかったわけではないと後にコメントされているので、ひょっとしたらご本人にとっては不本意なデビュー作なのかもしれませんが、通底する、品の良さみたいなものは、どんなに若い時代に書かれたものでも変わらないのだなあと感じます。
つぎ、舟を編む、いきます。

 

 

格闘する者に○ (新潮文庫)
三浦 しをん
新潮社
売り上げランキング: 28,140

 

★こちらもおすすめ
速いのと強いのは違う。『風が強く吹いている』(三浦しをん)
みなまで言うな。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)
破壊と創造は同じなのかもしれない。『ふたご』(藤崎彩織)
読み終わってから始まる物語。『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)

 

 

★佐藤友美の著作はこちら

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.14
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 4,549
道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.14
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 50,840

カテゴリ:Reading

2018.01.13 Sat

「事実」からの補助線。『1998年の宇多田ヒカル』(宇野維正)_035

久々に毛穴がぶわっと開いた本でした。

readmore

 

 

宇多田ヒカル
椎名林檎
aiko
浜崎あゆみ
という偉大な才能を世に出した1998年奇跡のデビュー組を、時代の流れの中で再定義し、それぞれの相関関係を明らかにしている意欲的な評論です。

 

私は音楽をほとんど聴かないので、この本の中に出てくる曲やアーティストの大半はわからなかったのですが(椎名林檎さんにいたっては、一曲も知らなかったですすみません)、なので、

ここに書かれている内容が音楽を聴く人たちにとってどれくらい、興味深くて、どれくらい斬新なものなのかは判断できないのですが

 

ただ、「ライター」と「ジャーナリスト」の両方である立場の著者が、「ジャーナリスト」として、この4人を描こうとしたことに(日本での著者さんのこの先の仕事のことを考えたら)どれだけの勇気が必要だったかは想像できるし

それでもなお、この題材を書ききりたいと思った、そのあがらえない魅力に身を投じた本書に、とてもとても強く敬意を表明させてください。

物書きの世界には、こういう、避けたいけれど避けられない、ずぼハマりする悪魔の実みたいな発見ってあるのだろうと感じます。

 

膨大な資料(や音源)をもとに、仮説を構築して、大胆な補助線を引く感じも、とても気持ちよかったです。

 

私がこの本で、いちばん好きな部分は

 

20年のインタビュアー経験から言わせてもらえば、音楽家の才能と、インタビューの発言における率直さ/正直さはほとんどの場合、綺麗に比例します。それでもなお、彼女たちには自分からは語らないことや、インタビューの席で誰からも面と向かって訊かれなかったことがあります。その「語られなかったこと」と「訊かれなかったこと」に興味深い真実が隠れているのです。

 

というところ。

 

だから私たちは真実であろうと思う方向に向かって、事実からの補助線を引く。

 

 

 

 

書きたい、こうしてる場合じゃない、書かなきゃっていう気持ちをかきたてられる、そんな本でした。勧めてくださったK氏。ありがとうございます。

 

1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)
宇野維正
新潮社
売り上げランキング: 73,790

★こちらもおすすめ
寿命は自己責任か 『健康格差 あなたの寿命は社会が決める』(NHKスペシャル取材班)
わしのことを知って!! もっと!!『監督不行届』(安野モヨコ)

 

★佐藤友美の著作

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.13
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,305
道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.13
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 3,476

カテゴリ:Reading

2018.01.12 Fri

ネタバレ厳禁。『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)_034

もっともネタバレしちゃいけないタイプの小説なので、なかなか書くことが少ない。

 

readmore

蔦屋さんをぷらぷらしていて、目にとまって、そのままソファ席で読んだ本です。閉店まで1時間切ってましたが、閉店までに読み終わってしまったので、買わずに出てきてしまいました。ごめんなさい。

 

一冊読み終わってから、ああ、と気づいたのですが、

 

これ、新潮社さんが、発売前に全文公開して、読者からキャッチフレーズを募集したという、販促面でも話題になった本だったんですね。

 

よく、キングコングの西野さんが引き合いに出していた書籍って、これだったのかあと思いました。

 

読了後、全文公開にいたったあたりの経緯を、ウェブでキャッチアップしたのですが、意外と無料で読んだ人も、あとから書籍を買ったり、kindleを買ったりされたのだそう。

 

 

 

肝心の中身ですが、賛否両論とのことでしたが、1時間のエンタメとして、すらすらっと楽しく読みました。私は好きです。

 

 

posted with amazlet at 18.01.11
宿野 かほる
新潮社
売り上げランキング: 2,731

 

 

 

 

★こちらもおすすめ

破壊と創造は同じなのかもしれない。『ふたご』(藤崎彩織)
電撃的。『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部 とある編集の仕事目録』(三木一馬)
読み終わってから始まる物語。『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)

★佐藤友美の書籍はこちらです
 

女の運命は髪で変わる
女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.12
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 10,866

 

道を継ぐ
道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.12
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 8,045

カテゴリ:Reading

2018.01.11 Thu

学びの格差が収入格差。『一流の学び方』(清水久三子)_033

人生100年時代といわれています。恐ろしい時代になったものですね。

学生時代や20代の修行時代に勉強したことだけで、一生はしりぬけるほど甘い時代ではなくなってきました。

readmore

 

そのことはなんとなくわかっているけれど、じゃあ、いったいどんな風に勉強すればいいんだろう。

そんなことを考えている人にぴったりの入門書ではないかと思います。

 

 

勉強の仕方を勉強するというのも、ちょっと不思議な感じがしますが、正しいやり方を知っていればそれだけ早く成果が出るのではないかと思います。

 

私は昔から勉強するのが比較的好きなのですが、この本を読みながら、自分の勉強法のどこが正しくてどこが間違っていたかがよくわかりました。自分の点検用にもよいのでは、と思いました。

特に読書の仕方についての詳しい記述はとても勉強になりました。

 

一流の学び方

一流の学び方

posted with amazlet at 18.01.11
清水 久三子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 84,585

★こちらもおすすめ

この呪いからの卒業。『働くミレニアル女子が身につけたい力 エンパワーメント』(大崎麻子)
お金とは信用の価値化。『革命のファンファーレ』(西野亮廣)
どう書くかよりも何を書くか。『10倍速く書けるスピード文章術』(上阪徹)

 

★佐藤友美の著作はこちら

 

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.10
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,789

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.10
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 4,978

 

 


カテゴリ:Reading

2018.01.10 Wed

Make Them.『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』(ジョン・ハンケ)_032

グーグルアース、イングレス、それからポケモンGO を生み出したジョン・ハンケ氏の自伝的一冊。

 

キャリアのスタートがアメリカ国務省だったことにまず驚きました。

アメリカ国務省勤務→MBA取得→keyhole→Google→ナイアンティックにいたる間の、様々な取捨選択と決断について書かれている一冊。

 

分量は多くないものの、ピュアでコアな自伝でした。

 

とくに、しんとした気持ちになったのは、「コードを書く喜びの奪還」の部分。

 

ミーティングに次ぐミーティングに解放されて、ひとりになる時間をえて、久しぶりにコードを書く時間を取り戻した話は、なんだか読んでいてとても切ない気持ちになりました。

 

 

人生はいつも何かの取捨選択だけれど、もうそろそろ、ちゃんと、捨てるものを決めなくてはいけないなあと思って、しんとした気持ちになったのでした。

 

 

★こちらもおすすめ
「ど田舎」と「貧乏」の定義が想像の斜め右上。『ど田舎生まれ、ポケモンGOをつくる』(野村達雄)
多様性はすで自社の中にある。『チームのことだけ、考えた。』(青野慶久)

 

 

★佐藤友美の書籍はこちら

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.10
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,789

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.10
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 4,978

 

readmore


カテゴリ:Reading

1...34567...21