2017.10.28 Sat

35歳を超えたとき、捨てるべきもの、残すべきもの

突然ですが、私は40歳前後くらいのタイミングで、がくっときました。なにが、がくっときたかというと、体力とか気力とか、そういうものです。疲れがとれにくくなったし、集中して原稿を書ける時間が短くなってきたし、寝ないとてきめんに体にくるようになったし、30代のときのペースではとてもじゃないけれど働けない。

でも、私は書籍ライターとしてのデビューが38歳になってから、と、めちゃくちゃ遅いので、人一番働かないと、ひとかどの仕事はできないんじゃないかって、そんな焦りもあって。

 

私はものすごく楽観的な人間だし、自分の将来に1ミリの不安も抱いたことがなかったのだけれど、突然いろんなことが一気に心もとなくなってきました。それまで毎年1つずつ歳をとるのが楽しくてしかたなかったのに、誕生日が憂鬱になってきたのもこの頃。

 

このままで、私、70歳までライター続けていけるだろうか。そんなことを考えました。

 

 

そんな、言いようのない焦りを感じていたとき。今から1年半前のことですが、イラストレーターの松尾たいこさんと、さとなおさん(佐藤尚之さん)のトークイベントに出かけ、「遅咲きでも全然いい」「むしろ遅咲きだからいい」「無理をしないのがいい」「無理をしないからいい」といった、なんかちょっと涙ぐんじゃうようなメッセージをもらいました。

↑これがそのときの写真。2016年の2月。ちょうど私が40歳の誕生日を迎える数日前のことでした。

 

松尾たいこさんは、いまとなっては日本を代表するイラストレーターさんですが、広島でOLをしたあと、32歳でイラストの勉強をしたいと思って上京。デビューは35歳という、文字通り遅咲きのイラストレーターさんです。

 

ちいさいときから体が弱く、持病持ちで(なんと、その持病が一緒だったのも、私がすごく心強く感じたひとつの理由です)、何をやってもすぐ疲れてしまうので、大好きなイラストの仕事を一生続けていくために、いろんな工夫をされているとのことで、「あああああああ!!! もう、私がいま、知りたかったことがここにある!!!!」と叫びたかったくらいの時間でした。

 

 

そんな松尾さんの人生の工夫や、考え方の真髄が1冊にまとまっているのが、この「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」(かんき出版)です。

 

 

松尾さんは、ずっと憧れの存在で、個展にいっては遠くからそっと眺めているだけで声もかけられなかったのですが、このさとなおさんのトークイベントでお目にかかれたり、松尾さんが「女の運命は髪で変わる」を読んでくださったりがきっかけで、この書籍の編集協力をさせていただくことになりました。

 

↑ご縁をくださったさとなおさん、ありがとうございます。

 

取材中は、もうとにかく楽しかったです。

30代よりも40代、40代よりも50代、どうすればより楽しい人生にしていけるのか。

そのためには、何を捨て、何を残していけばいいのか。

 

 

正直いって、この本の制作中に私自身が松尾さんから受けた影響ははかりしません。というか、松尾さんに出会えていなかったら、私の40代は悲惨になっていたかもしれない。

 

松尾さんが「捨てるべき」と教えてくれたもの、この1年間で、私もひとつずつ手ばなしていきました。

 

例えば

・長年抱えていたコンプレックス

・人見知りであるという自分へのレッテル

・たくさんの服、たくさんの本

・心をざわっとさせる存在

・過剰な情報収集

・都会での不規則な生活

・無理をして受けるスケジュールのきつい仕事

・・・・などなどなどなど。

 

 

一方で、

・年齢や肩書きで人を判断しないこと

・プロのいうことを素直に聞くこと

などは、歳をとってもずっと持ち続けたい「残すべき」こと。

松尾さんのお話は、とても明快ですっきりしていて、伺っていても本当に気持ちがよかったです。

 

 

 

この本を作っている過程で、私が受けた一番大きな影響は、「仕事をする環境」「自分が生きていく環境」に対して、捨てるもの、残すものを決めることができたことです。

 

私は今年の夏、表参道の賃貸マンションを引き払って引越しをしました。いまは、多摩川の川沿いに住んでいます。北海道から泊まりにきた母親が「北海道よりも虫の声がうるさい」というくらい自然豊かな場所で、三食自炊して、夜は早く寝て、日中に原稿を書くといった、まっとうな生活を始めました。

 

 

自分でも驚くほど、心も体も安定して、それまでずっと飲み続けていた、いろんな薬がいらなくなったほどです。(花粉だけはひどくなりましたw)

30代までは無理やり走らせていた自分の体が、実は結構疲れていたことに気付けたのも、松尾さんのおかげです。

 

↑打ち上げにて 松尾さんとマネージャーの大西さん、編集の谷内さんと。松尾さん、いつもおしゃれで素敵なんです!

 

歳をとることに漠然とした不安を抱いていたり、なんだかこれからの人生はずっと下り坂なんじゃないかとうすら暗い気持ちになっている女性に、ぜひ読んでもらいたい本です。

私の心と体が救われたように、まだまだこれから、というか、これからこそ楽しい人生が待っている! と思う1冊だと思います。

私は本当に、本当に、出会えてよかったです。

 

35歳からわたしが輝くために捨てるもの

松尾たいこ
かんき出版

 

楽天ブックスはこちら
セブンネットはこちら

 

そして、このときのお仕事がきっかけで、松尾さんに表紙をいただいたのが、「道を継ぐ」です。先日、3刷になりました。これも松尾さんの素敵な表紙のおかげです。ありがとうございます。

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 17.10.28
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 2,047

 

 

readmore


カテゴリ:Reading

2017.06.28 Wed

人の成長は、教育をする人で決まる。『教え子が成長するリーダーは何をしているのか』

私が22歳のとき、生まれて初めて書いた企画書は、「夏まゆみ先生が教える子役の育て方」という企画書でした。当時私はテレビの制作会社にいたのですが、社会人になって初めて「この人に取材したい」と思ったのが、夏まゆみ先生だったのです。

readmore

 

私が人生で、もっとも熱心に観た番組は後にも先にも『ASAYAN』でした。

 

私が観ていた時代の『ASAYAN』は、モーニング娘。がデビューできるかどうかを毎週ドキュメントしていたころ。

そして、そのモーニング娘。に振り付け指導をしていたのが、夏まゆみ先生。

 

テレビで切り取られる夏先生のスパルタぶりは、一見、スポ根物語に見えたかもしれないけれど、私は、どちらかというと、とてもロジカルだと思ったし、ゴール設定がよく見えるし、「ああそうだよな、こういう人に教われば、たとえ生徒がダイヤの原石じゃなかったとしても、ダイヤばりに輝けるんだよなあ」と思いながら、その指導法を食い入って観ていました。

 

振付師という肩書きだけれど、踊りかたを教えているというよりは、踊りかたを通じて「生き方」や「生き残り方」、つまり、オンリーワンになる方法を教えているような方だなあと感じたのを覚えています。

 

そして「この人が、子どもや会社員の教育をするとしたら、どんな教育をされるのだろう」と思って書いたのが、22歳のときに書いた企画書の原点でした。

 

私が夏先生の指導に惹かれた理由は、

まずその教育が行き当たりばったりではなく、何かのルールに沿って行われているように見えたこと(だから、他の人にも応用可能だと思った)

 

そしてなにより「エリートをよりエリートにする指導、ではなく、普通の子をエリートにする指導法」だと思ったこと

 

です。

 

私、世の中の教育には、2つあると思うんです。
・すでに花開いている素晴らしい才能を極限まで美しく咲かせる教育

・才能なんかあるんだかないんだかわからない人の力量をその人の限界まで伸ばす教育
と。

 

言い換えれば
・センスや身体能力の高い人の才能を世界的レベルまで押し上げる教育

・普通の人をセンスや身体能力の高い人と戦えるレベルまで押し上げる教育
と。

 

もっとわかりやすく言えば
・BクラスやCクラスの人をAAクラスにする教育じゃなくて
・Zクラスの人をBクラスやAクラスくらいまで押し上げる教育
の違い。

 

で、私は自分に才能がないタイプなので、圧倒的に後者を提供してくれる指導者に惹かれるわけです。

 

 

たとえば、うちの父がそうでした。

私の父は、ジュニアのソフトテニス指導者として秀でた人で、北海道の田舎の60キロある肥満の小学生や、100メートル走20秒もかかる運動オンチの中学生(私のことです)を、2〜3年で全国優勝できるくらいまでに仕上げてしまう人でした。

1年の3分の1は雪でテニスコートが使えない北海道の片田舎の初心者の小学生や中学生を、次々全国優勝させていく様子を小さいころから見ていたので(たしか教え子の全国優勝回数は16回だったと思う)

人の能力って(スポーツみたいな身体能力が必要な分野でさえ)、指導者次第なんだなあということを、私は残酷すぎるほど「事実」として捉えていました。

 

「人の成長は、教育をする人で決まる」

 

幼いころから、そう思っていたので、夏先生の指導をテレビで見たとき、(めっちゃ僭越なのですが)「あ、すごい指導者の人って、やっぱり、どんなレベルの人の力も限界まで引き出せるんだー。みんな同じなんだなー」って思ったんですよね。

 

 

だって、アイドルって、基本的には顔やスタイルといった見た目を重視して集められてきているわけですよね。

ダンスが下手な子もいるし、ぶっちゃけオンチな子もいるし、頭の悪い子もいるし、家庭環境が複雑な子も、メンタルが弱い子もいる。
ハーバードの生徒を教えるのとは、わけが違うわけなんですよ。

 

でも、そういう子たちが、夏先生の手にかかると、みんな「一流」になっていく。

 

生まれつき才能がある子じゃなくても、夏先生に教えられることでどんどん成長していって、気づけば夏先生に教えられていない生まれつき才能のある子と同じステージに並んじゃったりするわけで。これって、ほんと教育者の一番すごいレベルの話だと思うのです。

そして、ここが大事なんだけど、その教育法(つまり、普通の人を一流に育てること)が、世の中の多くの人が一番知りたい教育法だと思うんです。

 

 

私がテレビ制作会社に就職して最初に出したその夏先生の企画(「夏まゆみ先生が教える子役の育て方」)は「『ASAYAN』のパクリかよ」「新人なんだから、もっとオリジナリティのある企画を考えろ」「お前みたいな自分の頭で企画を考えられないやつが入社してくるような会社になったのが情けない」と、もう、ボロクソに言われたわけですが、

 

今だったら、言える。というか、説明できる。

 

違うよ、パクリじゃねーよ。
夏先生の普遍的な教育論を、番組にしたいと言ったんだよ。あの指導法は、ダンスだけじゃなくて子育てにも、会社での社員教育にも、絶対応用可能なんだってば!!!!!

 

(でも、22歳のときは、それがうまく言語化できなかったんだ。悔しいことに!)

 

 

そして、ここからが本題ですが、(おい、長ーよって思った方、もうすぐ終わるので、もうちょっと読んで)

 

そう

 

やっと!!!! やっと!!!!!!!!!!
出たよ、出ましたよ。
夏先生の教育論!

『教え子が成長するリーダーは何をしているのか』

 

思わずamazonで予約購入しちゃったよ、そして、一気に読んだよーーー!!

そして思った!私が読みたかった本は、これだったんだよーーーーーって。

 

発売後即購入していた、夏先生初のビジネス書、『エースと呼ばれる人は何をしているのか』もよかったんだけど、私が読みたかったのは断然こっち!! 自分の育てかたじゃなくて、人の育てかた!!

 

才能なんかあるんだかないんだかわからない人の力量をその人の限界まで伸ばすこと
普通の人をセンスや身体能力の高い人と戦えるレベルまで押し上げること
Zクラスの人をBクラスやAクラスくらいまで押し上げること。

 

 

この本、その方法が、かーなーりー具体的に、そしてあるところは抽象的に(こっちのほうが実は大事)書かれています。

・褒めて伸ばすべきか、叱って伸ばすべきか

・叱るべきタイミングの見極めかた

・一人のとき、大勢のときの声の掛け方の違い

 

などなど、

夏先生ならではの、一人一人の個性を伸ばしながら、全体をレベルアップしていく方法。
これって、「人そのもの」を育てなくてはいけない、美容業界の教育に、すごくあってると思います。

 

久しぶりに、心のそこから美容師のみなさんに全力でおすすめしたい本です。

 

後輩が一人でもできたら読んでほしい。

シャンプーを教えなきゃいけない立場になったら読んでほしい!

店長になったら読んでほしい!

オーナーさんにはもう絶対絶対読んでほしい

 

とくに81ページと122ページが私は好きでした。

 

『教え子が成長するリーダーは何をしているのか』
もし読んだ美容師さんがいらしたら、教育に関してめっちゃ語りましょーーーねーーーー!

 

あと、メーカーさん、ディーラーさん、どこかで夏先生の美容師さん向けの講演、企画してほしいですー。

美容業界の教育にとって、宝の山みたいな話が、ざっくざっく聞けると思います。そのときは、私、絶対に聞きに行く!!!!

 

というわけで、さとゆみでした。

 

追伸:あ、ちなみに、教える側に一流の教え方があるように、教えられる側にも教えられ上手になる技術があると思っています。が、この話は、また今度。

 

教え子が成長するリーダーは何をしているのか
エースと呼ばれる人は何をしているのか
夏 まゆみ
サンマーク出版

カテゴリ:Reading

2017.04.03 Mon

「いい本の定義」について考えてみた

「いい本の定義」について考えてみたい。

 

と、突然思ったのは、「女の運命は髪で変わる」と「道を継ぐ」に寄せていただく感想を見ていると、たくさんの人が、「自分にとっての『いい本』の定義」をしていることに気づいたからです。

 

readmore

例えばある人は
「本を読んだ後に、行動を起こさせる本がいい本」として、「女の運命は髪で変わる」は、美容院に予約したり、髪のスタイリングに気合を入れるようになったりする、行動を促すところがいいと書いてくれていた。

ある人は、「本を読み終えて、パタンと閉じた時に、ああ、このタイトルと装丁しかないなと思った時がいい本」と言っていて、「道を継ぐ」のタイトルと装丁を褒めてくださった。

ある人は、「ああ、私が思っていたことは、言葉にするとこういうことだった」と思える本がいい本だというし

ある人は、「その本を間にして、誰かとずっと語り合える本がいい本」と言った。

人それぞれにいい本の定義があって、それをみんな語っているのを知るのが楽しい。

 

私自身は、というと。

 

私にとって、「本を読む」という行為は、どこか遠いところにポーンと投げられたボールをひろいにいくようなものです。
ボールを拾いに行く間に、今まで見たことがなかった景色を見たり、それまで忘れていた記憶を思い出したりすることが、読書の楽しさだなって、思う。

だから、私にとっていい本は、たいてい読んでいて時間がかかる本。本の内容と全然違うことを考えてる時間が長い本。たくさんの旅をさせてくれる本。
なので、いい本だなって思った本ほど、内容を全然覚えてなくて、その時考えたことだけを覚えてる。
そして、内容を全然覚えてないので、何度読んでも新鮮だったりする。

 

 

あなたにとって「いい本」って、どんな本ですか?
この2冊も、誰かにとって「いい本」になったらいいなあと願いながら書きました。

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.04.03
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 3,219
道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 17.04.03
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 195

カテゴリ:Reading

2017.01.04 Wed

「ヒットの崩壊」で知る「過去売れたもの」と「今売れているもの」

「ものづくりに関わる人ならこの本は必読」と、いろんな人が書いていたのは横目で見ていました。少なくても10人くらいの知り合いが絶賛していた。私も、SONY福田さんのオーガニックリーチを受けてやっと手をつけました。年始に読んでおいてよかったと思った1冊です。

 

readmore

 

「今まで売れてきたもの」と「今、売れているもの」の系譜をていねいに紐解いてくれているので、そこにぼんやり道筋が見え、その道筋の続く先をふんわり予見できるような気持ちになる。

 

たとえば、カリスマ美容師ブームはもう一度くるか? ということなども、これを読めば、自分なりの理論を立てて答えを導き出せると思う。

 

以下、箇条書きですが、気になったワードを書き残しておきます。

 

●改めて納得したのは以下のことがら。このあたりは、ここ10年くらいのコンテンツ制作の鍵を握っているワードだと思う。

 

 

・「音楽業界は苦しい、CDが売れない」と言われているけれど、「音楽を体験する」ことに対する熱狂は決して目減りしていない。

 

・テレビに出たり大量の広告投下をしないと売れなかった時代に比べ、むしろ、現在のほうがアーティストにとっては健全な競争、活動をしやすい。実際に活動年数が長い歌手が増えてきている(一発屋が減っている)。

 

・体験はコピーできない。コピーできないことこそ、価値を持つ。ライブ、フェスの興行収入は右肩上がり。他にも Abema ではフェスの配信が最も観られた。生放送番組の視聴率の高さなども「同時体験」に基づく。

 

・ロングテールとモンスターヘッドの二極化時代になった。ニッチの時代は、結局こなかった。(情報が細分化されるほど、売れるものと売れないものの差は激しくなる。詳しくは「ブロックバスター戦略」)

 

・100万の作り方の変化。100万✕1ではなく、10万✕10、20万✕5で100万を作る。クラス全員ではなく、クラスの端にいる尖った子に届けることで、伝播していくルート。

 

 

 

●本筋とは別に、なるほどと気付かされたこと(備忘録)

 

・かつてのヒット曲は、ドラマの主題歌として知られ、オリコンランキングで上位に入って話題になり、ラジオやテレビで繰り返し聞かされた「刷り込みのヒット」だった。

 

・曲のランキング、書籍のランキングではなく、「人間のランキング」に人は熱狂する。

 

・歌は、聴くから広がるのではなく、歌うから広がる。

 

 

●本を読んで考えたこと。

・消滅したと言われた「お茶の間」が、むしろ拡張して力を持ち始めている。みんなで一緒に同じテレビ番組を観てTwitterで感想をつぶやきあうといった、「張り出したお茶の間」がむしろ可視化されてきている。

 

・ヒットは作り手側が作る時代ではない。

 

・SNS時代は、「脅威の新人」が埋もれにくい一方、既に力のある人がより強い力を持ちやすい。下剋上はそれなりに難しい。

 

 

 

 

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)
柴 那典
講談社
売り上げランキング: 1,087

 

 

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.01.04
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 3,502

カテゴリ:Reading

2016.06.13 Mon

美容師さんにおすすめの2冊 

今日は、美容師さんにおすすめの2冊をご紹介します。

 

柊木りおんさんの『「嫉妬する女はブスになる」問題』と

キャッスルロック・パートナーズの『社会保険の教科書』

 

readmore

S__26476546

 

柊さんは、先日、美容師さんの異業種勉強会の「HAZAMA会」にも来てくださって「怒り」「嫉妬」「不安」の感情コントロールの方法を教えてくれました。

S__26476547

 

HAZAMA会が終わった後は「スタッフの叱り方が間違ってることの気づいた」「自分がカチンとくるケースはいつも同じだとわかった」などと、みんなものすごく気づきがあったようです。

その、柊さんの「ジェラシーマネジメント」本。

 

「嫉妬する女はブスになる」問題。

 

「嫉妬する女はブスになる」問題
サンマーク出版 (2016-05-30)

 

誰かに嫉妬してしまう人の心の中では何が起こっているのか、そしてその嫉妬心はどうやったらコントロールできるのか、についてかかれています。

 

美容業界は、「売上」で順番がついてしまったり、雑誌に出れる人出れない人がいたり、サロンではSNSを頑張れと言われるけれど、フォロワーやアクセスでかなわない人は必ずいる。

どこかのタイミングで自分と人との違いに折り合いをつけなくてはいけないわけです。心がざわざわするときに、「嫉妬」のメカニズムを知っていたら、心を傷めずに対処できるかもしれない。

 

ちなみに、「怒り」のコントロールでいうと、柊さんのこちらの本もおすすめです。

 

私自身は、「嫉妬」という感情は昔からあまりなくて、どっちかというと、「怒り」をエネルギーにして生きてるところがあったから、この本はとても響きました。

 

 

 

もう1冊は、美容師さんというより、サロンのオーナーさんに読んでいただきたい1冊。

 

いちばんわかる!  トクする!  社会保険の教科書
キャッスルロック・パートナーズ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4,240

「社会保険の教科書」です。

社会保険の加入率は、美容業界がとくに低いことが知られているのですが、マイナンバー制度がスタートしたことにより、「知らなかった」「できない」では、済まされない指導が入っています。

 

でも、社会保険に関して、いまさら聞けない初歩的なことっていっぱいありますよね。そんな基礎の基礎から教えてくれる本です。
はじめにの1行めに「小さな会社の経営者に向けて書かれています」とあるように、スタッフさんの人数が10人以下のサロンさんにはとくに役立つ内容だと思います。
「教科書」といっても、全然難しくなくて、ストーリー形式で話が進むから、すいすい頭に入ってきます。

 

私自身もこういったことにめっちゃうとくて、めんどーーーーって思うタイプなのですが、この本は漫画を読んでいるように理解しやすいですよー。

 

「やらねばならないこと」だけが書いてあるわけじゃなくて、「これやるとお得」って情報もあるので、それもチェックしてみてください。

 

 

これから社保について知りたいオーナーさんには、絶対おすすめできる1冊。

 

一生美容業界で働きたいと思ってくれているスタッフさんに損をさせないためにも、みなさんのサロンを守っていくためにも、社保のこと、ぜひチェックしてみてください!

 

 

 

余力があれば「女の運命は髪で変わる」も、ぜひ一緒に(笑)

 

 

 

 

女の運命は髪で変わる
女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 16.06.10
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 54

#女の運命は髪で変わる
 

 

 


カテゴリ:Reading

12345...10