2013.09.30 Mon

褒められることと喜ばれることの違い

私は「超」がつくほどの「おせっかい」で、そのおせっかいぶりは、幼稚園児のころから発揮されていて、連絡帳には「N君のお弁当を食べるのを手伝ってあげるのはいいのですが、自分のお弁当を食べることも忘れずに」と書かれています。

N君はとってもおっとりした男の子で、なんか、子どもごころながらに、「お母さんがいない時間は、私が手伝ってあげなくては!」と思わされる子だったんだよな。たしか。

 

というわけで

スクリーンショット 2013-09-30 14.16.05

 

で、本題なのですが

 

私は、人から褒められることが好きです。

 

自分自身が社交辞令やお世辞というものを一切言わない人なので、人から褒められたときに、それが社交辞令やお世辞であるかもしれない可能性なんて、1ミリも疑いません。なので、全力で喜びます。

 

褒められたら、うれしーじゃん。ね。みんな。

 

でも、あるとき、気づいたんですよね。自分が褒められるのって、そこで終わり。私が喜んで終わり。そのときはすっごく嬉しくても、その嬉しい感じって、数日も持たない。

 

で、それに引き換え、人に喜んでもらえたり、「ありがとう」って言われることって、相手も嬉しいし、私も嬉しいし、めっちゃ一石二鳥なんだよね。こっちのほうが、絶対おいしい!(お得)と、気づいたからは、おせっかいおばさんの道をひたすらにまっすぐ進んでいます。

 

「増田さん、スゴイ」って言われるよりも、「増田さん、楽しかった」「増田さん、ありがとう」って言われる仕事をいっぱいしたい。

 

ライターになってなければ、「お見合いおばさん」になってたかもしれないって、書いてふと気づいたけど、

 

 

今やってることって、ほとんど「お見合いおばさん」だなって気がしてきた。

 

3つ子の魂100までも。


カテゴリ:Thinking