2012.03.18 Sun

フォトで成功しているサロン

セミナーなどでは
フォトが上手なサロンをあげてくださいと
よく聞かれるんですが、
そのとき必ず答えるのが福岡のswitchさんです。
ホームページはこちら

だけど、私がどうして
switchさんのフォトが素敵だって思っているかというと
ただ、写真が可愛いとか、ヘアの作り方が上手いとか、
だから集客できてるんだとか、そういう目先のことや
目に見えることだけじゃないのです。

 

switchのフォトって、サロンワークの延長線上にあるというか
というか、お客さまプロデュースの延長戦上にあるんですよ。

switchのフォトは

自分のところにいらしているお客さまを素敵にスタイリングして撮影してあげて

→きゃ、私、こんなに可愛くなったの? と喜ばせてあげて

→で、お客さまのキレイになりたい気持ちをもっと盛り上げてあげる

というところに
一番の素敵さがあるというか、
フォトの存在意義があるんだと、私は思っています。
てゆーか、オーナーの隈本さんと話をしたから
多分、私が思ってるだけじゃなくて、
switchの皆さんも思ってるとおもう。
多分。

で、それが結果的に

→switchに行っている子って、みんな可愛いよね

→私も行ってみたいな

というブランディングや集客につながっていると思うんです。

というのも、swicthの撮影に参加している女の子たち(お客さんたち)
私、何年も見てきていますが、どんどん可愛くなってるもんなー。
最初普通の女の子だった子も
どんどんあか抜けていくし、オシャレになっていく。

これが、究極のフォトのあり方なのかな、と思ったりします。

そしてこれは、リアルにカットしたり
リアルにパーマをかけたりするお客さまが被写体だからこそ
できることだったりするんだよなあと
思ったりもするんです。

で、昨日の「お客さまのヘアスタイルが一番可愛い」につながるんですけれどね。

お客さまでのフォトシュート、
もっと流行るといいのに。


カテゴリ:Shooting