2018.03.26 Mon

東京に戻りました。

1年前の今日、MINXの故鈴木三枝子さんについて書かせていただいた『道を継ぐ』が刊行されました(と、Facebookが教えてくれた)。

 


もうすでに自分が書いた本という意識はほとんどなくなっていて、私にとっても、折に触れて読み返すバイブルになっています。

 

この本は不思議な本で、
調子に乗っているときに読むと戒められるし、
落ち込んでいる時に読むと励まされるんです。

 

 

あと何より、もっと明るくもっと自由にいこうって思える。
人生の短さと、短くても余りある豊かさを教えてもらえる。

 

 

前を向こうとか、信じようとか、笑い倒そうとか、いいところをみようとか、美味しいもの食べようとか、もっとめっちゃ愛そうとか。

 

 

この本を開けば、自分に足りなくなった栄養素がすーっと心に染み込んできて、幸せで大切なことで体いっぱい満たされる、というか、そういうものは、ちゃんと自分の周りにすでにある、そんな感じがするんです。
つい昨日も、東京から1000キロ以上も離れた土地で、偶然お会いした70歳の男性の方に、この本を読んだよと言われ、涙が出るような感想をいただきました。

 

 
amazonだけではなく、たくさんの方が自分自身に引き寄せたレビューを書いてくださっていて、みなさんものすごく前向きな読後感を持っていただいているのも、鈴木さんのポジティブなオーラが、降り注いでいるからなんじゃないかなって思います。

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.03.25
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 26,356

 

 

先日は、本の中の、鈴木さんのこんな言葉に出会いました。

 
「辛いときほど、仕事に出なさい。仕事がお前を救ってくれる」

長らくお休みいただいておりましたが、東京に戻ります。
リスケいただいた皆様、仕事をかわってくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

明日からまた、張り切って働きます!


カテゴリ:Writing