2018.01.26 Fri

欲しい服より足りない服。『My Basic Note Ⅱ』(三尋木奈保)_046

昨年、ここで書いたOggiエディター三尋木奈保 My Basic Noteの第2弾。もう、待ち焦がれていた人、どんだけいたことでしょう。どの書店さんでも大展開の平積みの山ですごい勢いです。

 

こちらの本の担当編集さんとは、あるトークイベントでご一緒させていただいたことがあるのですが

 

 

大ヒット本だったので、すぐに2冊目を出してほしいというあらゆる圧力に耐え、「すべて三尋木さんの私服ばかりなので、そんな数年で変わるはずがない。出すとしたら、ワードローブが変わる40代になってから」という、とても誠実な理由で、今年まで発売されなかったのだそうです。

だからなんと、5年ぶりのおかえりなさいです。

 

 

三尋木さんと私がほぼ同世代ということもあり、ここで三尋木さんが書いてらっしゃることが、もう痛いほどわかる。わかりすぎて本当にぶんぶん頭をふってしまうほど。

 

 

そう、ワイドパンツ、なんかしっくりこなかったんです。

 

ひざがしら。出すといっつも、ごめんなさい感あったんです。

 

サブバック、ほんとに雑誌の付録でいいのかなって疑問を持ってた。

 

半袖の時期、コットンだけじゃ生活できない気がしてた。

 

 

そんな、around40のいろんなモヤっとに、ああ、やっぱりの回答をくれた本でした・・・。ずぶずぶ刺さります。

 

 

 

 

個人的には、前作に比べて、小物がハイブランドになっているのが、すごくリアルでいいなあと思いました。
全部私物なだけに、5年前からのこの部分の変化も、本当にこの本のリアリティ、というか。40になると、そうでありたくなるなって。

 

あと、ファッション誌出身の身からすると、最初の見開き2ページの服の集合写真は、「一度、これやってみたい!」と思うような素敵な写真。

 

 

というわけで、本日、エストネーションで

・ネイビーのノーカラージャケット

・化繊のとろみトップス

・くるぶし丈のタックパンツと

・良さげなサブバック

を物色してまいりました。

2番目と3番目、お買い上げです。

 

 

本の中にある

「買い物は、欲しいものより、足りないものを」

名言です。

 

爆買いしたくなる本というよりは、いいものを、丁寧に選んで、長く着よう。そう思わせてくれる本でした。

 

 

Oggiエディター 三尋木奈保 My Basic Note2:”きちんと見える” 大人の服の選び方

 

 

 

★こちらもおすすめ

全着私服。Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note(三尋木奈保)
2万円のワンピが一番使えない。『クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!』(松尾たいこ)

 

 

 
★さとゆみの著書です
 

女の運命は髪で変わる
女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.24
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 3,844

 

道を継ぐ
道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.24
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)
売り上げランキング: 37,166

 

 


カテゴリ:Reading