2018.01.07 Sun

みなまで言うな。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_029

糸井重里さんのコピーで育った世代があるとしたら、私たち(よりちょっと下?)は、尾形さんのルミネの広告で育った世代ですよね。

縛られたくなくて。離されたくなくて。
自分を好きな自分が嫌い。自分を嫌うのはもっと嫌い。
風はすべて追い風。わたしがどこを向くかだ。
生まれ変わるなら、またわたしでいい。
未来を信じてなきゃ服なんて買えない。
似合ってるから脱がせたくなる。
運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。
会えない日もちゃんと可愛くてごめんなさい。
この世界にわたしはけっこう似合っている
言葉に頼りすぎると退屈な女になっていく
(以上、ルミネのコピーより)

尾形さんの広告と、しいたけ占いって、近年の2大共感コピーだと思うのだけれど、
多くの人が「自分のことを言われてるのかと思った」というのがすごいと思う。

 

たぶん、どちらも、自分に引き寄せることができる
余白のある自己肯定感の物語なのかなって思う。

 

そんな尾形さんの初の小説。
文章のお手本のようなスリムできゅきゅっとした文体でした。

 

私たちは普段、「語りすぎ」なんだなあ、とも思いました。

 

みなまで言うな。

というかんじ。

 

ほかの本も読みたいと思ったけれど、小説はこれ一冊しか出されていないんですね。

 

 

試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)
尾形 真理子
幻冬舎 (2014-02-06)
売り上げランキング: 19,061

★こちらもおすすめ
女の人生マラソンは長い 『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(西原理恵子)

髪が運命を決める 『なぜか美人に見える人は髪が違う』(津村佳奈)

速いのと強いのは違う 『風が強く吹いている』(三浦しをん)

★さとゆみの著作

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 18.01.06
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 11,307
道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.06
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 6,457

(いまならkindle Unlimitedで無料です)


カテゴリ:Reading