2018.01.01 Mon

お金でも成功でもない。『夢の叶え方を知っていますか?』(森博嗣)_023

2017年の年末、この本を読んでいる最中に、すごくいいことが起こりました。

 

私は41歳なんだけど、というか、なんならもうすぐ42歳なんですけど、

 

 

去年の12月26日の11時くらいにお風呂に入りながらこの本を読んでいたら、突然「自分の夢」に明確に思いあったったんですよね。夢を「見つけた」というよりは、はっと、「気づいた」という感じでした。お前か! お前だったのか! という感じです。

 

 

で、その瞬間、視力0.4くらいで世の中が見えていたのが、突然視力2.0になったくらい、視界がクリアになったんですよね。

いや、死ぬ前でよかった。これ本気で、いやー、死ぬ前でよかったし、まあまあ体力残っているうちに気づいてよかったって、お風呂の中で思いました。奥手すぎる。奥手すぎるけれど、まだ、ギリ間に合うやろ。

当たり前なのだけれど、夢を叶えるためには、まず「自分の夢は何なのか」を知っていなくてはならないと、この本には書かれているんですが

それって、そりゃそうやろって感じだけれど、よくよく考えたらこの言葉って本気で奥が深くて、実は、私、この歳になるまで「自分の夢」ってよくわからないなあって思ってたんですよね。

やりたいことって思いつかないし、欲しいものもほとんどないし、あと好き嫌いもあんまりなくて何をやっていてもだいたい幸せだし、趣味もまったくなくて、なので、人に「これやったら?」とか「これやってほしい」と言われることを、順番にやりながら、今の生活にたどり着いた、って感じだったんです。

昔、afloatの多田っちょに(現在Duapres代表)、「人が死ぬとき、一番多くの人が思うことが『こんなはずじゃなかった……」なんですって」と言われたことがあって、それ以来、頻繁に自分が死ぬときに何を思うのかなあと考えます。
 

自分が死ぬとき、自分の夢が何かを知っていて、かつ、その夢に向かっている最中であれば、いいなって思います。

自分の夢に気づけたということは、

「これから何を優先して生きていけばいいかわかる」ということだし

「この先は何をしないで生きていけばいいかわかる」ということなので、

本当によかったと思いました。
 

自分の夢に、自覚的になったので、これからきっとスムーズに生きていける気がしています。
そして、2018年は、夢を叶えることだけに、まっすぐ進んで、がっつり遅咲きの狂い咲きしたいと思います。
みなさま、あけましておめでとうございます。今年も楽しい時間をご一緒しましょうね。

 

 

posted with amazlet at 17.12.26
森博嗣
朝日新聞出版 (2017-01-13)
売り上げランキング: 30,085

 

 

 

 

★こちらもおすすめ

キャリアは感情優先で形成する 『突き抜ける人は感情で動く』(芦名佑介)

人は好きなことしか続けられない 『SNSで夢を叶える』(ゆうこす)

わしのことを知って!! もっと!!『監督不行届』(安野モヨコ)

「ど田舎」と「貧乏」の定義が想像の斜め右上 『ど田舎生まれ、ポケモンGOをつくる』(野村達雄)

★佐藤友美の著書

posted with amazlet at 18.01.01
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 2,898

 

 

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 18.01.01
アタシ社 (2017-10-10)
売り上げランキング: 13,330

カテゴリ:Reading