2017.12.17 Sun

「人が望む自分」を演じてしまっている女性はとても多い

日本人、とくに日本人の女性の自己肯定感というのは、世界各国を比べても最低値にちかいのだそうです。

 

『女の運命は髪で変わる』の講演では、必ず自己肯定感の話をするのですが、どの会場でも必ず、その話のときに涙を流される方がいて、
そういう方々に出会うたびに、自己受容ができない人、自分を認めてあげられない人、自信が持てない人が、本当に多いのだなあと感じています。

 

 

先週発売になったこの本『12色セラピーで悩みがすっと消える』を担当させていただきました。

 

この本のテーマもやはり、「自己肯定感」です。

 

 

 

著者の吉原峰子さんによると、 自分が心の奥底で(つまり本心で)何を考えているのかがわかるようになると、
思った以上に自分が自分をないがしろにしていることに気づける人が多いそうです。

 

 

自分がやりたいことよりも、人が喜ぶことを優先してしまっていたり、先生や親やご主人の希望する自分を演じてしまったり。

 

 

その結果、なんだかもやっとした気持ちや、将来に対する漠然とした不安を抱えている人は、とても多いのだそう。

 

 

そんな、なんとなくもやっとした気持ちを抱えた女性たちが「自分は本当はこんなことを考えていたのだ」と気づくのが、この12色の色を使ったアクティブセラピーです。

 

 

私の友人の中には、吉原さんのセラピーを受けて、今までずっと心の奥にしまっていた気持ちに気づいて泣いてしまったという人が多く、「このメソッドを本にしてほしい」という声をたくさん聞いていました。

 

というわけで、この本は、私が企画持ち込みから担当させていただいた本になります。

 

 

巻頭には、アクティブカラーセラピーが自分でできるカラーシートがついています。
占いとは全然違うのですが、自分で自分の心の奥をのぞける占いみたいなものだと思って、気軽に手にとっていただけましたら!

 

お子さんの本音を聞き出すのにもおすすめですよー。

 

 

amazonはこちらです。

 

 

12色セラピーで悩みがすっと消える ー 解決法は自分が知っている
吉原 峰子
主婦の友社
売り上げランキング: 20,944

カテゴリ:Writing