2017.01.03 Tue

最近NYで女性のボウズとベリーショートが流行っている理由

assortにNYからMASAMIさんが帰ってきていると聞いて、髪始め、してきました。

 

 

 

MASAMIさんにお会いするのは1年半ぶり。 前にお会いしたときはassort NYで働いてらっしゃいましたが、いまはassortがNYにオープンした2店舗めのVACANCY PROJECT NYで働きながら、いろんなアーティストの人たちとヘアメイクでコラボしている方。

 

で、最近のNYはどう? なんて話をしていたら、「ボウズにしたり、ベリーショートにしたり、極端なウルフにする女性が増えましたね」とのこと。

 

その理由のひとつは、70年代、80年代のファッションが流行っていること、それはもちろんあるんだけれど、でもそれだけではなくて、彼女たちの髪型は政治的な意思表明なんだとか。というのも、あきらかに、大統領選挙のあと、ボウズやベリーショートやウルフにする女性が増えたんだそう。

 

女性が女性らしい格好をもとめられることに対してNOと宣言する意味あいのボーイズライクな髪型。つまり、女性蔑視の発言が続いたトランプのサポーターではないことの意思表示として、あえて女性らしさを排除した髪型をセレクトする人が増えた、と。

 

ヒラリーとの接戦が報じられていた時期は、パンツスーツを着る女性も多かったそうで。伝統的な「お仕着せのフェミニン」「女性は三歩下がって家に入っていなさい」に対抗する表現として、ファッションやヘアスタイルで意志を表示したわけですね。

 

そこにkenさんが会話に加わってきて「アメリカでは自己主張の強い人が多い印象があると思うけれども、とくにNYでは『主張をしない』というのが一番評価されないから、そうやって自分の意思表示を見える化する」と教えてくれた。

 

これ、日本にはない感覚。

 

「今年、NYの女性は、『髪型は自分にとって何を表現するものなのだろう』という問いに直面した」と言ってらして、大変興味深いお話でした。

 

 

髪は、私にとってもやはり自分自身の今の気持ちをメッセージするための一番大切な表現方法で、年があけた瞬間、「金髪にしたい」って思った。多分、去年の自分に飽きたんだと思う(笑)。

 

 

MASAMIさんといろいろ相談して、金髪にこそしなかったのだけど、アッシュを入れ直しして、ところどころ暗めの太いメッシュを入れてもらってきました。

 

今年は地に足をつけない。跳べるだけ、跳ぶ。ハネれる場所では全部ハネる。迷ったらコンサバティブじゃない方を選ぶ。そんな決意表明のカラーリング。

 

 

みなさま、今年もよろしくお願いします。

 

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.01.03
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 4,773

 

☆この記事もおすすめ

『女の運命は髪で変わる』の続編について


カテゴリ:Thinking