2016.09.21 Wed

お客様はプロじゃない 美容師さんはエスパーじゃない

NHKの放送を見てくださった方々、ありがとうございました。

 

 

私が、どうして「髪を変えると運命が変わる」と信じているかというと、 髪がその人の「キャラ」をつくるから、だと思うんですよね。

 

だからこそ、

①なりたい自分を考える(これは自分で考えて、美容師さんに伝えるしかない!)

②それを後押ししてくれる髪型を見つける(自分でやってもいいし、美容師さんに相談にのってもらってもいい)

③その髪型を髪質や顔型に似合わせてもらう(美容師さんにやってもらう)

 

という「順番」が大事だなあと思っています。

 

まさに帯に書かれている「似合う髪型」ではなく「なりたい自分」をイメージして髪型を決めるとうまくいくっていうのが、コレです。

女の運命は髪で変わる

美容師さんはプロだから「似合わせ」はできる。髪質や顔型には似合わせてくれる。

でも、お客様の「なりたい自分像」は、そのお客様自身しか、わからないんですよね。

美容師さんはエスパーじゃないから、そこは、ちゃんと伝えなきゃいけない。

 

それがちゃんと合致したとき

 

 

つまり

 

「なりたい自分を見つけて→その自分になれる髪型を選んで→似合わせてもらう」ことができたときこそ、髪は、その人のその後の人生が変わるほどの力を持つ、んじゃないかな。

 

 

「女の運命は髪で変わる」の編集をしてくださった綿谷さんが、今日の放送を見た感想をおっしゃっていて、 私もはっとしたことがあるのですが、

 

 

やっぱり、まだまだ髪って「しょせん、髪でしょ?」って思っている方が、一般的には多いのかもしれないですよね。

 

 

そういう人たちに対して、 上記のようなことが、もっとわかりやすく伝えられるようになりたいなあ、、、と思いました。

 

 

女の運命は髪で変わる
女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 16.09.21
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 26

 


カテゴリ:Writing