2015.10.14 Wed

大人女性が「ロング」をやめて「ロブ」にしたら突然若くみえる理由

長めのボブ=LONG BOB=ロブ が流行して約1年。

 

もともとハリウッドセレブからスタートした「ロブ」ブーム。最初は、まあ、ただのミディアムの長さを言い換えただけだろう、わざわざネーミングしなくても……。って思ってたんですが……。

 

すみません、私が間違ってました、お代官さま。ミディアム(鎖骨くらいの長さ)と、ロブ(鎖骨くらいの長さのボブ)は、全く似て非なるものなんですよね、お代官様。浅はかだった私をお許し下さい。

 

ロブって、大人女性を若返らせるデザインだなあと思うようになりました。

 

S__10747907

 

個人差はありますが、40歳前後になると、多くの人が、髪が薄くなったり、コシがなくなったり、ボリュームがなくなったりするわけです。30代でも、産後の抜け毛があったときなどは、同様。

 

そうすると、どうなるかというと、今までと同じようにレイヤー(段)を入れると、毛先がスカスカってして、シルエットが逆三角形になって、貧相な感じになっちゃうんですよね。

 

以前すっごく素敵なロングヘアだった女性が、髪が薄くなってきてからも、それをキープしようとすると、結構難しい。美魔女系のゴージャス路線の人に多いのですが、ロングにこだわるあまりに、毛先のすかすか感が目立って「ああ、この人も老けたなあ」と、髪で思わせちゃう人っているんです。

 

 

で、ロブなわけですよ。この、すかっとした部分を、切っちゃう。で、「ボブの特徴である厚み」を持たせる。

 

 

以前だったら、毛先が薄くなってきたら、じゃあ、ショートにしましょうかってな時代もあったのですが、ショートではなく、鎖骨下くらいで切るから、女らしさも消えない。

ロングよりも、髪の量が少なくなるから、髪の重みで自然とボリュームがつぶれてしまうことも減る。

 

 

 

誌面をみていても、ロングからロブにヘアチェンジして、劇的に素敵になっている人たちって、around40なんですよね。

 

 

若い人がね、ロブにしても、ただのヘアスタイルチェンジなんだけど

 

 

でも、大人の女性がロブにすると、厚みが増える分、髪が増えたように見える。髪質までよくなったように見える。結果、すごく若くみえる。

 

田中律子さんとか、本当に5歳以上若くみえるようになったと思います。

 

 

髪のボリュームが出にくくなったなあと思ったら、ロブ、試してみませんか?

【この記事もオススメ】

がんと闘うとき、髪が支えてくれたこと

どんな女性でも5歳老けて見せる毛があるよね 

ヘアカタの「似合う髪質」は気にしなくていいと思う3つの理由
 

 


カテゴリ:etc