2014.07.13 Sun

絶対に失客したくないお客様は誰ですか

この間のセミナーで考えてみたワークです。

 

大好きなお客さまはいますか? 絶対に絶対に失客したくないお客さまはいますか? その人の顔を思い浮かべてみます。

 

もし、そのお客さまが、他のサロンにいくことを迷っているとしたら、どうしますか。

 

 

明日、そのお客さまがサロンに予約を入れてくれています。ひょっとしたら、その人が自分のところに来店するのは、それが最後かもしれません。そのお客さまに、何をしますか。今までしてこなかったことで、できることはあるでしょうか?

スクリーンショット 2014-07-13 1.41.35

 

ひと晩考えて、あなたは、できるだけのことを、そのお客さまにしました。大切な大切なお客さま。あなたは、できる限りのベストを尽くすと思います。

 

 

 

さて。

 

 

そのとき、あなたが、その大切な1人のお客さまのために、何かできないかと考えたこと、何かしようと思ったこと、実際にしたこと。それらを……。

 

 

 

明後日、2人のお客さまにできるとしたら。1週間で5人のお客さまにできるとしたら。1ヶ月後、10人のお客さまにできるとしたら。1年後、100人のお客さまにできるとしたら、5年後、全てのお客様にできるとしたら……。

 

 

 

お客さまに支持されている美容師さんは、おそらく。そんなことを考えて、毎日を過ごして入いるんじゃないかなって。そう、思います。

 

 

一期一会。

 

 

 

 

フリーランスで仕事をしていると、「この仕事がこの人との最後の仕事になるかもしれない」という危機感が常にあります。全ての現場、100%をそう思えているかというと、それはやはり甘いところがあるかもしれない。

 

でも、私にもやはり、絶対に失客したくないと思う仕事相手がいます。1年後も5年後も10年後も一緒に仕事をしていたい。そのために、今、自分ができることは何だろうということを、いつも必死で考え続けています。

 

 

その人の成長速度においていかれないように。いつまでも対等に意見交換ができる自分でいられるように。ステップアップし続けていけるように。

 

 

そう思える、大切な人が、いるから、だから、頑張れる。まだ、できることはあるはずだって思う。

 

 

たとえば、この人とか。ね。

 

10513438 712751538772943 2765166082789444340 n

U-REALM 高木氏。

 

 

そんな話をした、夜でした。

 

くそ、まだまだ、だな。

 

【関連記事】

もっと負ける勝負をしないとダメだ。多分。

仕事人生のほとんどは失客の歴史です

 

 


カテゴリ:Thinking