2014.04.12 Sat

巨匠の不器用自慢

この春、ヘアサロンに就職された皆さん、頑張ってらっしゃいますか? ライターのさとゆみです。どもです。

そろそろ、サロンにも慣れてきて、でもって、シャンプーレッスンなども佳境になってきて、ひょっとしたら最初の壁にブチ当たったりされているでしょうか。

先日、シャンプーレッスンについて、いろんな美容師さんにお話を伺ったところ、この最初のシャンプーレッスンで、同期に比べて全然進まないとか、なかなか思うようにできないとかで、最初の挫折を味わう人が多いのだ、という話を聞きました。

 

皆さんは、どうでしょうか? 元気にしてますか?

PAK85 awaihikaritosakuranohana20130323500

 

あのね、私は、ライターなので、シャンプーレッスンをしたことはないんだけど、

もしくじけている新人さんがいたら、是非、聞いてほしい話があります。

 

 

美容業界の巨匠と言われる人たちとお話をしていると、同期の中でシャンプーの合格が一番遅かったという人は、だいたい10人中4人の割合! (佐藤調べ) めちゃ多い!

 

巨匠たちとの飲み会で昔のお話を聞くと、たいていみんな、自分が同期で一番不器用だった、同期で一番レッスンが遅れていた、同期で一番デビューが遅かったという、できなかった自慢や、不器用自慢をなさるよ!

 

不器用だったから、お休みの日もずっと練習してたとか、できなかったから、できるようになるまで先輩にくらいついたとか、皆さん、そこで、すごく大事なことを学ばれたとおっしゃいます。するする合格できたら、気付かなかったことにも気付けたとおっしゃいます。

 

先の長い美容師人生において、数日のシャンプー合格の差や、数カ月・1年のデビューの月日の差は、全くハンディにならないみたい。

 

巨匠たちが口を揃えていうのは

 

いつスタイリストになるかが問題ではなくて、どんなスタイリストになるのかが問題だ。

 

ってことです。

 

 

今年、夢を持って美容業界に入社された人たちは、10日間がたって、どんな感じかなあと想いを馳せながら、書きました。

 

 

みんな、素敵な美容師さんになってね!

 

【関連記事】

アシスタント時代にやっとけば良かったこと(再掲)

初心はいつまで覚えているか

 

 

 


カテゴリ:etc