2014.03.19 Wed

ベビーシッターに子どもを預けるということ

事件があって、子育ての最初の時期に使用していた、マッチングサイトの、シッターズネットが閉鎖になってる。

 

息子氏が3ヶ月のときからずっとお世話になっているシッターさんからメールがあって、今回の事件のことで、シッターに頼れなくなったお母さんたちのことを心配していると書いてあった。

 

 

 

今回の事件があったことで、シッターさんに子どもを預けるという行為自体、ひどい母親みたいな感じになってくると、きついだろうな。みんな。

 

MAR96 kinomi500

 

それから、

 

 

 

ベビーシッターを頼んだのが、シングルファザーだったとしたら、みんなは、どんな反応をしたのだろうか、ということも同時に気になる。

 

 

 

 

事件は本当に痛ましいことで、本当に悲しいことなのだけれど。

 

 

でも、事件の影響で、子どもを人に預けるということで成立している女性の働き方が、否定されなければいいなと思う。

 

 

子どもを預けているママたちが後ろめたい思いをしなきゃいけなくなるようなことは、なければいいなと思う。

 

 

 

 

この件に関して、本質的な問題を冷静に分析しているフローレンス代表駒崎さんのブログです。

 

ベビーシッター宅での2歳児死亡事件についての解説

 

【関連記事】

フリーランスワーキングマザーの生命線

子どもを預けて働くということ。ぶっちゃけいくらかかるかとか


カテゴリ:Thinking