2014.03.10 Mon

髪はファッションの一部か、身体の一部か

そのお客様が、「髪はファッションの一部」と考える人か、それとも「髪は身体の一部」と考える人なのか。それを考えることがとても重要というのは、もともと、Tierraの中村さんの言葉です。

 

 

FLOWERSの浦ちゃんに髪を切ってもらったとき「ああ、髪って、ファッションなんだなあ」って思いました。浦ちゃんは「必ずしも、その人の今の生活や今のワードローブに合わせるんじゃなくて、髪が変わったから、洋服全部取り替えようって思ってもらってもいいくらい」と言っていて、すごく納得したんですよね。

 

毎日、スタイリング次第で全然違う表情になるっていうのも、浦ちゃんの髪の特徴だった。スタイリング剤変えるとまた全然違った雰囲気になるし、服を着替えるように、髪を着替えることができるんだなあって。動かして楽しんでナンボって感じの毎日だった。

Lgf01a201308271500

ひるがえって、PEEK A BOOの高澤さんに切ってもらうと、「髪は身体の一部」だと感じます。MINXの岡村さんに言われたんですけれど「高澤さんに髪を切ってもらうと、寝癖つかないでしょう」って言われて気付いたんですが、そう! 確かに、高澤さんに切ってもらうと寝癖つかない。

 

高澤さんは(もちろん冗談で)「僕の髪って、アレンジがきかないんだよね。毎日同じ形になっちゃう」って言われます。アレンジがきかない、つまり、どこの誰が乾かしても、同じ形にぴたっと決まる。形状記憶ヘアです。再現性の高さといったら! 自分へのフィット感がありすぎて、完全に身体の一部です。

 

 

というようなことを、朝、寝坊したときに思っていました。寝癖のつかない髪じゃなかったら、新幹線に乗り遅れてた!

20140310 140332

豊橋の皆さん、今日はありがとうございました。

 

女の運命は髪で変わる
女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 16.06.05
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 2,087

【関連記事】

6,300円の料金のうち、何割が「カット」料金なのか

モデルちゃんはマネキンじゃない 毎日みんなのように 生活している一人の女の子

業界誌のヘアと一般誌のヘア


カテゴリ:etc