2017.03.17 Fri

鈴木三枝子さんの人生を描いた書籍『道を継ぐ』が完成しました

8年前、49歳の若さでその生涯を閉じた、伝説の美容師、MINXの鈴木三枝子さんの人生を追いかけた書籍『道を継ぐ』が、発売になります。

今でも鈴木さんのお話をされるかたは本当に多くいらっしゃいます。先日台湾に行った時も、鈴木さんのお話をされる方に出会いました。

泉岳寺にあるお墓はいつ行ってもお花でいっぱいで、困難なことにぶつかったとき、「鈴木さんだったらどうするかなと考える」とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

亡くなられて8年たったいまもなお、たくさんの人が鈴木さんのことを思い浮かべながら生きていることを知り、亡くなった後も人に影響を与え続ける鈴木さんは、いったいどんな人生を生きてきた方なんだろうと考えるようになりました。

 

鈴木さんが私たちに残してくれたことは何だったのか、鈴木さんの生き方は他の人とどう違ったのか、何が彼女をここまで「伝説」にしたのか。

 

2015年から、のべ200人近くの方に取材させていただき、鈴木さんについて聞いてきたことを、一冊にまとめさせていただきました。(取材にご協力くださいましたみなさま、本当にありがとうございました)

 

そこにあったのは、無理をしない生き方とか、軽やかでスマートな生き方とは真逆の、人生でした。愛と情熱に満ちあふれた真剣勝負の人生でした。

 

美容業界の方にはもちろんのこと、いまの世の中に生きづらさや閉塞感を感じている人たちに(私もその一人です)、鈴木さんの強く激しく美しい、命の燃やし方をお伝えできたらという一心で書かせていただきました。

一回限りの人生、もっともっと、激烈に走り切りたいって思いませんか?

私は、ほんとに心からそう思いました。

そして、そうすることに何の遠慮もいらないって思うようになりました。

 

この本の完成原稿をお渡しした日の深夜3時半、鈴木さんのご主人であり、MINXの会長でもあられる高橋マサトモさんから、「鈴木が目の前に現れるような錯覚をおこす程の文章ですぐに涙が溢れてきました。読み進めるにつれ、改めて鈴木の事を知り、夫婦の僕でさえ鈴木はこういう人だったんだと、気がつかされる内容でした。1人でも多くの方に読んでいただけたらと心から願っています」というメールをいただきました。

佐藤尚之さん(さとなおさん)からは、「人は死なない。死なない生き方がある。彼女の人生がまさにそれである」というコメントを帯にいただきました。

 

一人の超プロフェッショナルなデザイナーとして、スタッフを大きな愛で守り抜く経営者のパートナーとして、そして一人の男性を愛し抜く女性として、私自身もとても強い影響を受けた鈴木さんの人生です。

 

生前の鈴木さんのことをご存知の方も、ご存知ない方にも、読んでいただけたらとても嬉しいです。 Amazonで予約開始になりました。「髪とアタシ」を発行されている「アタシ社」さんの初の書籍になります。

道を継ぐ

道を継ぐ

posted with amazlet at 17.03.16
佐藤友美
アタシ社 (2017-03-25)

25日以降は全国の書店さんでも発売予定です。 ぜひ、お手にとってくださいませ。

 

readmore


カテゴリ:Writing

2017.03.11 Sat

誰とでも3分でうちとけるほんの少しのコツ

お手伝いさせていただいた鈴木あきえさんの「誰とでも3分でうちとけるほんの少しのコツ」が発売になりましたー。

readmore

王様のブランチのハッピ娘として、大御所俳優さんから、モデルさん、芸人さんなどなどと、本当に楽しく会話されているあきえさん。

どんな人であっても、周りを爆笑の渦に巻き込むそのトーク術は本当に惚れ惚れするのですが、でも、今回取材をさせていただき、あのトーク術は、あきえさんの努力の賜物だということを知りました。

 

初対面が苦手、隠れ人見知りの人って、多いと思います。

そんなとき、どんなことに気をつければいいか、この本を見れば丸わかり!

 

美容師の皆さんも、新規のお客様とお話しするときのヒントがいっぱいだと思うので、ぜひぜひ読んでみてください!!

 

本日、王様のブランチで結婚発表された、あきえさん。

結婚と出版、ダブルでおめでとうございます!!!

 


カテゴリ:Writing

2017.03.04 Sat

モテ髪師大悟さんの「84.7%の女性をモテさせた僕が密室でこっそり教えていたこと」予約開始!

いまや、日本で最も有名な美容師さんといって間違いない、モテ髪師大悟さんの「84.7%の女性をモテさせた僕が密室でこっそり教えていたこと」が、予約スタートしました!!!

 

readmore

大悟さんは、同じ美容業界の友人でもあり、「髪でマジ、人生変わるよね!」ってことを伝えたい「髪啓発」同志でもあり、そしてこの本に関しては嬉しいことに、構成も担当させてもらいました。

編集担当は、サンマーク出版のめちゃモテ編集さん、橋口英恵さん! すごく楽しい現場でした。

 

大悟さんのモテ理論は、私、身をもって「効く」と思っています。なぜなら、取材中に大悟さんから聞いた話を、ほんのちょっと友人に伝えただけで、彼女たちが激烈モテ始めたから!

 

書籍のキーワードは「自信」、そして「髪」です。

自信のかけらを集め、そして、自分を褒めてあげられる日を増やしていく。すると驚くほどモテていく。

そして、そこには「髪」が大きな役割を果たしています。美容師の皆さんにもぜひ読んでもらいたいです。髪がどのように女性の心理に働いていくのか、大悟さんの言葉の数々は、お客様にお伝えしたいことだらけです。

 

最初から最後まで一気に面白く読める本なので、ぜひ読んでくださいねーーー!

 

84.7%の女性をモテさせた僕が密室でこっそり教えていたこと
モテ髪師 大悟
サンマーク出版
売り上げランキング: 423

 

そして、そんな大悟さんとのコラボ講演会もさせていただきます。

 

 

日時:4月15日(土)開場13:30 開演 14:00~16:20

場所:ASK Academy TOKYO (シュワルツコフスタジオ) 品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲15F ※モノレールの天王洲アイル駅は直結

参加費:5,000円 (シュワルツコフさんの新製品6,300円相当プレゼント付き)

詳しくはこちらをご覧ください。

 

シュワルツコフさんのご好意で、5000円会費のところ、6300円相当のヘアケア商品がプレゼントされるという、大盤振る舞いです。大悟さんとオフレコ無しのはっちゃけトークさせていただきますので、来てくださいね。

 
さとゆみ本もどうぞよろしくお願いします。
来週から朝日新聞でのコラムがスタートしまーす。
 

女の運命は髪で変わる
女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.03.04
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 6,426

カテゴリ:Writing

2017.02.09 Thu

資生堂さんの艶ミュージアムに「女の運命は髪で変わる」が登場☆

2月8日は艶の日、ということで、昨日、資生堂さんの艶ミュージアムがスタートしました。

readmore

艶(2・8)にちなんで、28個の髪にまつわるメッセージが展開されるミュージアムにて「女の運命は髪で変わる」の内容をお伝えしたいとご連絡いただき、今回、コラボレーションさせていただくことになりました。

 

私はまだ伺えていないのですが、送っていただいた写真を拝見すると、なんと、会場入ってすぐのパネルに「髪はほぼ、顔」のメッセージが。

続いて、

髪はほぼ、人格

髪はほぼ、年齢

髪の艶は七難隠す

と「女の運命は髪で変わる」のメッセージを展示してくださっています。

 

 

会場にはキューティクルの模型があったり、モナリザが艶髪だったらどうなるか的な展示があったりと、趣向がこらされています。

サナギ新宿で、今日と明日の12:00-20:00までオープンしているそうなので、お時間ある方は、ぜひ足を運んでくださいねー。

詳しくはこちら

 

 

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

posted with amazlet at 17.02.09
佐藤友美
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,883

 

☆この記事もおすすめ

『女の運命は髪で変わる』の続編について
最近NYで女性のボウズとベリーショートが流行っている理由


カテゴリ:Seeing

2017.01.10 Tue

美容師さんと成人式とフミおばさんの話

昨日一昨日の私のFacebookのタイムラインは、美容師さんたちがセットした、成人式の写真一色でした。

 

年に一度のこの季節、私はほんとうに幸せな気持ちになります。

readmore

赤ちゃんのときから知っていてとか、ママの成人式もやってあげたんだよとか、普段は東京だけれどこのときは地元に帰って来て指名してくれたとか、写真には、二十歳の新成人と美容師さんとの思い出が書き綴られていたりして。

こういった一生に一度の、忘れられない日を任せてもらって、人生の思い出のアルバムに映り込む仕事って、替えのきかない仕事だなあと思うんですよね。

素敵な仕事だなあ、って。

私自身、成人式当日は完全に忘れていたので、何の思い出もないのですが、その年の夏、帰省したときにお振袖で写真だけを撮らせてもらいました。

そのときに着付けをしてくれた美容師さんは、家族全員の髪を切ってくれていたおばちゃんで、フミおばさんといいます。

 

今となってはもう美容師を引退したけれど、なんと実家の真向かいに住んでいる。だから、帰省するたびに、「友美ちゃん、久しぶり!」と、畑のいろんな野菜を差し入れてくれる。そして、私がヘアライターになったことを、驚きながらも喜んでくれている。

 

20年前の写真は、今も、実家に飾られています。両親が「この写真が一番かわいかった」と言う、引き伸ばされた着物の写真は、後ろ姿。。。

フミおばさんとは、おばさんが生きている限り、一生の付き合いになるんだと思う。

 

成人になられたみなさんと、美容師さんの関係も、長く長〜く続きますように。


カテゴリ:etc